「言わなくてもわかるだろう」は通用しない

船井総合研究所  歯科経営コンサルタントの松谷直樹 です。

今日は大阪の医院様に伺って参りました。

ある医院では、院長はスタッフに事細かに指示しなくても

自分の意図は分かってくれているだろうと思っておられました。

従って、指示の仕方はアバウトなことが多かったようです。

理由は、仕事の内容をスタッフさん自身に考えさせるクセを

つけさせようと思われていたそうです。

しかし、実際には自分の思っているような行動をなかなか取ってくれず、

院長は困っておられたようです。

そこで、指示を細かく具体的に、決めてあげるようにしたところ

思いのほか不満も出ず、意図どおりに仕事をやってもらえるように

なったそうです。

私は最近のスタッフさんは皆真面目な方が多いと感じています。

昔に比べて能力が低くなった、という考え方もあるようですが、

あまりそのように思いません。

今のスタッフさんは一つ一つの仕事に対し、


細かく具体的にやり方を指定してあげると


きっちりと最後までやり遂げることが得意です。

上手にスタッフさんを活用することも院長の能力のひとつだと思います。

本日も最後までお読みいただき、ありがとうございました。

明日は九州の医院様に伺ってきます。

同じテーマで記事を探す

この記事を書いたコンサルタント

松谷 直樹

プロフィール詳細

売上、利益の向上を大切にしながらも、「本当に患者さんに喜んでもらえる歯科医院作り」をコンサルティングの第一の目的に している。 「歯科医院は患者さんに喜んでもらえるためにある」「経営ノウハウは患者さんに喜ばれるような歯科医院作りのために活用するべきだ」という信念を元にコン サルティングを実施。 実現可能な提案と口頭だけでなく提案内容を実際に現場に落とし込み、実行するコンサルティングのスタイルを実行している。

ページのトップへ戻る