『これから10年、活躍できる人の条件』

2014年09月03日 (水)

コラムテーマ:
お勧め書籍

みなさん、こんにちは。船井総研 歯科医院経営コンサルタントチームの戸澤良親です。

昨日は神奈川県、本日は東京のご支援先です。

最近、私の中で、神田昌典さんの書籍をよく読んでいます。

やはり、さすが、神田さんの書籍は、色々と考えさせられますね。

「これからの明るい日本は30代がリーダーとなり、創り上げる」

まさに、私が32歳ですので、

我々の世代が、もっともっと動いていかなくてはならないのでしょう。

そこで、今の若手が今後活躍するために、必要な3つのやるべきことを述べておりました。

1.英語と中国語を習得する


2.魅力のある人が集まる会に積極的に参加する


3.ボランティアに参加する

はっきりいって、船井総研の社内にいると、ほとんどできておりません。

でも今、思い返すと、学生時代は、少しずつでも全てかじっていたような気がします。

社会人になると、どうしてもやるべきことがたくさんあることで

10年後、20年後の自分にとって大切なことをおざなりにしてしまいがちです。

学生のほうが幅広く自分の興味あることに対して

素直に動けていた気がしますね。

ただ、社会人、学生という立場に関係なく、

社会人である今でも、しっかりと時間を作り、

10年後、20年後のための時間に手足を運んでいかなくてはなりません。

院長先生方もスタッフさんたちも

今を生きているわけですが、先の成長のために、一度振り返ってみてはいかがでしょうか。

特に2番の「魅力ある人が集まる会に積極的に参加する」ことはぜひやってほしいですね。

モチベーションは、基本的に内面から湧き出てくるものですが、

優秀な人と出逢うことで、自分の覚醒にもつながります。

自分だけで悩んでいたり、院内のスタッフだけで交流を持っていても

幅はなかなか広がりません。

ぜひ、外の世界に飛び出していきましょう!

頑張ってください!

応援しております!

同じテーマで記事を探す

この記事を書いたコンサルタント

戸澤 良親

プロフィール詳細

船井総合研究所に新卒社員として入社。
介護ビジネス・不動産業界と様々なコンサルティングチームを経て、
現在の「メディカルチーム」に至る。
歯科医院をはじめに、耳鼻咽喉科・泌尿器科業界の様々な医療経営から培ったコンサルティングノウハウにより、現在、完全現場型コンサルティングを展開している。
北は北海道から南は熊本県まで全国各地の医療機関コンサルティングを手がけている。
特に診療のシステム化による即時業績アップとスタッフの生産性を高めるための教育体制の構築には絶大なる支持を得ている。
「院長先生が治療に専念できるように」をモットーに日々スタッフを交えながら実践している。
理論だけではなく、「患者様の心を読むプロフェショナル」としても定評がある。院長先生の想いをもとに、組織力の活性化から業績向上までのトータルサポートをテーマとしている。

ブログ:戸澤良親の歯科医院コンサル珍道中日記
http://ameblo.jp/yoshichika-tozawa/

ページのトップへ戻る