あなたの歯科医院では愛情経費はどれだけありますか?

2012年03月28日 (水)

コラムテーマ:
こうすると職場環境は活性化する

みなさん、こんにちは。船井総研 歯科医院経営コンサルティングチームの戸澤良親です。

今日も、昨日に引き続き、山形県の歯科医院さんにご訪問。

(ロールプレイング風景)
戸澤良親の医療コンサル珍道中日記

本当は、スタッフさんが製作した作品を載せる予定だったのに、撮り忘れました!

(森さん!矢口さん!載せたかったのに、残念です。。。すいません。。。)

今日は、

・キャンセル8%以下プロジェクト(ブレストミーティング)

・リコールロールプレイング

・目標フィードバック

・医院パンフレットリニューアル

・・・

などなど、ミーティングがボリューミーで楽しかったです。

たくさん、最高の提案もいっぱい出てきたし!!

さて、本題です。

「有給休暇は医療機関なんて、取れなくて当然ですよね!?」


「残業代は、普通、他の医院ではどんなもんですか!?」


「飲み会とかってスタッフのためにやった方がいいですか!?」


「慰安旅行とか行ったほうがいいんですか!?」

・・・・

などなど、色々とよく先生方にご相談いただきます。

この質問には、正直困ります。

例えば、

「有給休暇は医療機関なんて、取れなくて当然ですよね!?」

ですが、

取らなくてよい!と思っているのであれば、そういうスタンスでいけばよいし、

スタッフへの愛情があるのであれば、しっかりとした方がよいからです。

「飲み会とかってスタッフのためにやった方がいいですか!?」

も一緒ですね。

先生がやりたくなかったらやらなければいいし、

スタッフへの愛情があるのであれば、やった方がいいからです。

私のご支援先でも、慰安旅行をしているところは、3割ほどありますが、

周りの医院がやっているからやっていたり、

義務感でやtっている医院は、1院もありません。

院長先生自身が、

「スタッフが今年1年頑張ってくれたから!」

「スタッフと力合わせて目標達成できたから!!」

「来年も頑張ってもらいたいから!!」

「うちの歯科医院を好きになってもらいたいから!!」

と愛情があるからやっているわけです。

今日ご訪問した先生も、スタッフへの愛情をたくさん持っています。

慰安旅行、飲み会、ちょっとしたご褒美などを

愛情経費としての先行投資として捉えるか

人件費の一環として捉えるか

で大きく、働きがいが出る環境が出来るかどうかは左右されていきます。

とは冷静にいうものの、私の答えは、

愛情を持ってこそのマネジメント

ですから、愛することをオススメします。

愛がないと、マネジメントは上手くいかないと確信できます。

では、頑張ってください!!

応援しております。

同じテーマで記事を探す

この記事を書いたコンサルタント

戸澤 良親

プロフィール詳細

船井総合研究所に新卒社員として入社。
介護ビジネス・不動産業界と様々なコンサルティングチームを経て、
現在の「メディカルチーム」に至る。
歯科医院をはじめに、耳鼻咽喉科・泌尿器科業界の様々な医療経営から培ったコンサルティングノウハウにより、現在、完全現場型コンサルティングを展開している。
北は北海道から南は熊本県まで全国各地の医療機関コンサルティングを手がけている。
特に診療のシステム化による即時業績アップとスタッフの生産性を高めるための教育体制の構築には絶大なる支持を得ている。
「院長先生が治療に専念できるように」をモットーに日々スタッフを交えながら実践している。
理論だけではなく、「患者様の心を読むプロフェショナル」としても定評がある。院長先生の想いをもとに、組織力の活性化から業績向上までのトータルサポートをテーマとしている。

ブログ:戸澤良親の歯科医院コンサル珍道中日記
http://ameblo.jp/yoshichika-tozawa/

ページのトップへ戻る