カード&デンタルローンを用いた自費率向上

2008年09月12日 (金)

コラムテーマ:
自費率向上ノウハウ

自費率向上についてご興味がある方は下記もご確認下さい。

banner_1200px628px

<船井総研×アプラス共同開発/自費見積もりシミュレーションソフト今なら導入0円!>
http://aplus-mitsumori.com/

 

こんばんは。株式会社船井総合研究所  歯科医院 経営コンサルタントの松谷直樹 です。 

このブログをお読みいただいている方からよくお問い合わせや、ご相談を受けることが多いのですが、通常歯科医院関係の方が多いのですが、先日ある銀行(東京証券取引所一部上場)の方からメールをいただき、弊社の東京事務所 でお会いしてまいりました。

歯科医院関連の方にお役に立つ内容かと思いましたので、少し、ご紹介させていただきます。

1.クレジットカードの導入に関して

患者さんの利便性を高めるために、クレジットカードを導入されている医院さんは多いかと思うのですが、私は基本的に導入することをオススメしています。

理由は上記で述べたように第一に患者さんの利便性が高まるからです。また医院側に取ってみると未収リスクが低減できます。もちろん手数料として3%程度発生しますが、リスクヘッジと考えていただくと良いのではないでしょうか。

但し、あまり低額では使用してほしくないという方は、自費診療で5万円以上に限ります。と告知しておくとよいでしょう。

こちらの会社さんではクレジットカード全ブランド(VISA・MASTER・JCB・AMEX・DINNERS)の取扱ができる数少ない会社さんで、各ブランドとの個別契約をしなくともよいのがメリットのようです。


読み取り機器に関しても、無料パターン、有料パターンと色々あるようです。

2.デンタルローンについて

もう一つは、デンタルローンについて紹介いただきました。

通常信販系の会社さんですと、10%超の金利負担が発生することもありますが、こちらの会社さんの商品は8%程度で対応していただけるということで、このあたりも特徴のようです。

あと、融資関連の商品も色々とお持ちのようで、リニューアル、分院、開業予定の方にはよろしいかと思います。

先方のご要望により、会社さんのお名前は書けないのですが、お問い合わせいただければ個別にご紹介しますので、メールを送ってください。matsutani@funaisoken.co.jp

(日本全国対応してくださるそうです)

顧問先の方もご興味ありましたらお尋ねくださいませ。


また、弊社としては特定の企業さんの商品を優遇するわけではなく、あくまでも歯科医院様にとってメリットのある商品・サービスであると私が、判断したものについてこの場でご紹介をするというスタンスですので、その点ご了解くださいね。

尚、顧問先の方には私が導入、選択の判断のアドバイスをさせていただきますが、直接お話される方は、申し訳ないのですが、各自のご判断でお願いしますね。

 

自費率向上についてご興味がある方は下記もご確認下さい。

banner_1200px628px

<船井総研×アプラス共同開発/自費見積もりシミュレーションソフト今なら導入0円!>
http://aplus-mitsumori.com/

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

歯科経営のご相談ご質問、歯科医院コンサルティングの質問等ありましたら

matsutani@funaisoken.co.jp

㈱船井総合研究所 メディカルグループ 松谷直樹あてまでお願いいたします。

同じテーマで記事を探す

この記事を書いたコンサルタント

松谷 直樹

プロフィール詳細

売上、利益の向上を大切にしながらも、「本当に患者さんに喜んでもらえる歯科医院作り」をコンサルティングの第一の目的に している。 「歯科医院は患者さんに喜んでもらえるためにある」「経営ノウハウは患者さんに喜ばれるような歯科医院作りのために活用するべきだ」という信念を元にコン サルティングを実施。 実現可能な提案と口頭だけでなく提案内容を実際に現場に落とし込み、実行するコンサルティングのスタイルを実行している。

ページのトップへ戻る