くら寿司派?スシロー派?

2010年12月08日 (水)

コラムテーマ:
ブログ

皆さん、こんにちは。

船井総研 メディカルグループ 医療コンサルタントの戸澤良親です。

先日、テレビをみていて、

回転寿司チェーン業界の特集をやっていました。

業界2位のあきんどスシローと業界3位のくら寿司に取材していました。

私は回転寿司業界の知識は皆無ですが、「なるほどな」という点がいくつかあったので、ご紹介しておきます。

(ちなみに1位は、かっぱ寿司です)

それは、目指している方向性が全く違うということです。

スシローは、大手回転寿司ではいまや当たり前のセカンドキッチンなどを採用せず、その店舗ごとで魚をさばくようです。

つまり、味、鮮度を重視しています。

一方のくら寿司は、セカンドキッチンは当然のことながら、ネタを人が置くだけで軍艦巻きが出来上がってしまうようなマシンの導入、簡易会計システムの導入を積極的に行っています。

また、単価アップのための子供向けイベントも実施しています。

つまり、効率性(回転率)、人件費率の圧倒的削減、サービス面を重視しています。

ここで、皆様に、考えていただきたいのです。

あなたは、くら寿司派??スシロー派??

コンセプト、目指しているベクトルは、まったくこの2社は異なりますが、

どちらも同じくらい人気があり、どちらにもファンはいます。

ここからは私の感覚ですが、

顧客ターゲットがこの2社は全く別だと思っています。

スシロー好きのお客さんには、「回転寿司だけど、味がよいからいく」というニーズがあり、

くら寿司好きのお客さんには、「子供と楽しくたべられまるから」、「いつも混んでるけど、すぐに食べれる」などといったニーズがあるように思えます。

ここまでいくと、競合店ではなくなり、共生といった考え方に変わります。

まとめますと、

業界1位のかっぱ寿司を抜くためには、

業界2位以下は、何かを捨て、何かで一番になることが絶対的に必要です。

これこそが、我々が提唱している「長所伸展」なのです。

地域一番になるために、

技術でいくのか、サービスでいくのか、を明確にしてください。

地域二番医院で、何でもかんでも手をつけては、いつまでたっても地域一番になることは困難ですので。

本日もお読みいただき、ありがとうございました。

心から感謝しております。

今から、兵庫県の歯科医院さんの支援です。

今年最後ですので、目標数値を超えていることを祈ります。

それでは、行ってまいります。

■□■□■お知らせ情報□■□■□■


(セミナー・研修に関わる情報)


●2011年を予測するシークレット歯科医院経営セミナー
~2010年ファイナル船井総研主催シークレットセミナー~

日時と開催場所:

大阪会場12月16日(木)船井総研大阪本社19:00~21:30

東京会場12月18日(土)船井総研東京本社19:00~21:30

■2011年の業界予測と2011年対応経営手法大公開!! ■

・フルライン型診療が成功のポイントだった時代からピンポイント特徴を持つ医院の時代へ
・トップダウン型組織からボトムアップ型組織の時代へ

など2010年の時流を踏まえた経営手法をお伝えします

■2010年に成功した、活性化事例大公開!! ■

・義歯強化型戦略で自費義歯が短期間に成約した
・患者ランクを明確にしたカウンセリングシステム大公開
・不況期でも患者数が減らない最新リコール継続手法
・新患数を急激に増加させた口コミ対策
・売り手市場の歯科衛生士採用フロー公開
・歯科衛生士採用を3年スパンで取り組んでパート主体から常勤主体へ
・医院理念に基づいた教育システムの作り方

など2010年に実施して成功した事例をご紹介します。

(コンサルティングに関わる情報)


●院長の想いを組織に落とし込む評価制度構築コンサルティング

以下の項目に貴院は当てはまってはいませんか?
□経営理念が明確に定まっていない
□経営理念はあるが、スタッフが理解していない
□経営理念に基づいた育成プログラム(評価制度)がない
□評価制度はあるが、業者のものをそのまま使ってしまっている
□教育システムがない

1つでも当てはまる医療機関さんで、「組織力を高めたい!!」と強い要望をお持ちの方は、ご相談ください。

●出張研修承ります!
□メンテナンス患者を増やしたい方のためのリコール率アップ出張研修
□デンタルIQを高めていきたい医院向けの新患カウンセリング導入出張研修
□自費率を上げていきたい医院向けの補綴コンサルティング出張研修
と3企画ご用意しています。


《《お問合せ・メールでのお申込みは、こちらから》》

(メールでは、医院名、お名前、ご用件を御記入ください)
yoshichika-tozawa@funaisoken.co.jp
担当:戸澤良親

同じテーマで記事を探す

この記事を書いたコンサルタント

戸澤 良親

船井総合研究所に新卒社員として入社。
介護ビジネス・不動産業界と様々なコンサルティングチームを経て、
現在の「メディカルチーム」に至る。
歯科医院をはじめに、耳鼻咽喉科・泌尿器科業界の様々な医療経営から培ったコンサルティングノウハウにより、現在、完全現場型コンサルティングを展開している。
北は北海道から南は熊本県まで全国各地の医療機関コンサルティングを手がけている。
特に診療のシステム化による即時業績アップとスタッフの生産性を高めるための教育体制の構築には絶大なる支持を得ている。
「院長先生が治療に専念できるように」をモットーに日々スタッフを交えながら実践している。
理論だけではなく、「患者様の心を読むプロフェショナル」としても定評がある。院長先生の想いをもとに、組織力の活性化から業績向上までのトータルサポートをテーマとしている。

ブログ:戸澤良親の歯科医院コンサル珍道中日記
http://ameblo.jp/yoshichika-tozawa/

ページのトップへ戻る