これからの勝つ組織「WEB型組織」

みなさん、こんにちは。船井総研 歯科医院経営コンサルティングチームの戸澤良親です。

本日は埼玉県の歯科医院様にお伺いします。

昨日は、愛知県の医療法人様の幹部研修会でした。

船井総研以外に社労士さんや税理士さんなどもお越しいただき、

30名くらいの幹部スタッフさん向けの研修会でした。

クライアント様での研修で、

8:30~17:00と8時間以上の研修会ははじめてかもしれません。

長時間でしたが、段取りがしっかりと組まれていたので、

ダラダラすることもなく、あっという間に終わってしまいました。

様々な研修コンテンツがあったのですが、

その1つが「WEB型組織の構築」です。

ピラミッド型組織

ボトムアップ型組織

とどう違うのか。

WEBとはくもの巣という意味合いですね。


つまり、くもの巣のように、

どこの部署間とも糸でつながっているような

連携を取れる組織という意味です。

ボトムアップ型組織とは下から上に情報や提案が上がっていくものですが、

他チームや他部署との連携も取れる仕組みですね。

昨日の医療機関様は100名以上の大規模ですが、

10名以上の歯科医院様でも、このような考え方が今後必要になってくるでしょう。

最近では、

様々なクラウドなど情報共有ツールが無料で活用することができます。

そのようなアプリやソフトを使いながら、

情報連携を深めていきましょう。

頑張ってください!

応援しております!

同じテーマで記事を探す

この記事を書いたコンサルタント

戸澤 良親

プロフィール詳細

船井総合研究所に新卒社員として入社。
介護ビジネス・不動産業界と様々なコンサルティングチームを経て、
現在の「メディカルチーム」に至る。
歯科医院をはじめに、耳鼻咽喉科・泌尿器科業界の様々な医療経営から培ったコンサルティングノウハウにより、現在、完全現場型コンサルティングを展開している。
北は北海道から南は熊本県まで全国各地の医療機関コンサルティングを手がけている。
特に診療のシステム化による即時業績アップとスタッフの生産性を高めるための教育体制の構築には絶大なる支持を得ている。
「院長先生が治療に専念できるように」をモットーに日々スタッフを交えながら実践している。
理論だけではなく、「患者様の心を読むプロフェショナル」としても定評がある。院長先生の想いをもとに、組織力の活性化から業績向上までのトータルサポートをテーマとしている。

ブログ:戸澤良親の歯科医院コンサル珍道中日記
http://ameblo.jp/yoshichika-tozawa/

ページのトップへ戻る