これから10年の歯科医院経営

コラムテーマ:
歯科医院経営

こんにちは。 船井総合研究所  歯科 経営コンサルタントの松谷直樹 です。

歯科医院経営は様々な経営ノウハウが普及したために、

10年前は画期的な取組みだったことも現在では

当たり前のことになってきたと思っています。

例えば、10年前は患者向けのイベントを行うということは画期的でしたが、

現在は一般的になりつつあります。

あるいは子供向けの予防クラブを作ること、

自費ツールを作こと、ホームページを作ることなども同様だといえます。

ホームページなどは医院名を入れ替えても気づかない患者さんもいることでしょう。

それでは経営ノウハウはもう必要ないのか。

それは違うと考えています。

同質化している今だからこそ、医院独自の経営が必要になってきたと思っています。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

ブログ内容へのご質問、歯科医院コンサルティングの質問等は下記アドレスまでお願いいたします。

matsutani@funaisoken.co.jp

同じテーマで記事を探す

この記事を書いたコンサルタント

松谷 直樹

プロフィール詳細

売上、利益の向上を大切にしながらも、「本当に患者さんに喜んでもらえる歯科医院作り」をコンサルティングの第一の目的に している。 「歯科医院は患者さんに喜んでもらえるためにある」「経営ノウハウは患者さんに喜ばれるような歯科医院作りのために活用するべきだ」という信念を元にコン サルティングを実施。 実現可能な提案と口頭だけでなく提案内容を実際に現場に落とし込み、実行するコンサルティングのスタイルを実行している。

ページのトップへ戻る