どこにでもある綿球が大変身!?

コラムテーマ:
患者様サービス

みなさん、こんにちは。船井総研 歯科医院経営コンサルティングチームの戸澤良親です。

昨日、おとといと山形県、今日は仙台でした。

山形から仙台へ仙山線という電車に乗っていたのですが、

今は東北は桜が満開の季節で、なんと仙山線はスピードをあえて緩めて

「左手をご覧ください。スピードを緩めて運行させていただきますので、少しばかりではございますが、●●公園の桜をご堪能ください」

とアナウンス。

みんな、桜に注目していました。

美しいサービスで、私も仕事を忘れ、少しのほほんとした気分になりました。

(運行速度を落とした仙山線より見える桜風景)

戸澤良親の医療コンサル珍道中日記

そして、昨日お伺いした歯科医院さんは、毎回ブログに載せていますが、

毎回創意工夫をして、待合室作りを楽しんでつくりあげています。

戸澤良親の医療コンサル珍道中日記

戸澤良親の医療コンサル珍道中日記

これは、何で作っていると思いますか???

実は、どこの歯科医院でもある、「綿球」で作っているのです。

スタッフさん自身が考えて、自分たちで空いた時間を見つけて、作り出す・・・

素晴らしいですね。

そして、他のメンバーが、キッズスペースを充実に!!

戸澤良親の医療コンサル珍道中日記

みんなが一体感を持って働くと、こうなるのですね。

私が支援していて、最高に楽しいクライアント様の1件です。

今日、お伺いした仙台の歯科医院さんもクライアントさんではありませんが、

スタッフ想いの先生で、周りの歯科医院ではありえない取り組みをいっぱいしていました。

最近、私の想いをブログやセミナーでお伝えしているせいか、

会う人、会う人が、皆さん、本当に魅力的な方で、私自身も勉強させられます。

ご縁に感謝ですね。

同じテーマで記事を探す

この記事を書いたコンサルタント

戸澤 良親

プロフィール詳細

船井総合研究所に新卒社員として入社。
介護ビジネス・不動産業界と様々なコンサルティングチームを経て、
現在の「メディカルチーム」に至る。
歯科医院をはじめに、耳鼻咽喉科・泌尿器科業界の様々な医療経営から培ったコンサルティングノウハウにより、現在、完全現場型コンサルティングを展開している。
北は北海道から南は熊本県まで全国各地の医療機関コンサルティングを手がけている。
特に診療のシステム化による即時業績アップとスタッフの生産性を高めるための教育体制の構築には絶大なる支持を得ている。
「院長先生が治療に専念できるように」をモットーに日々スタッフを交えながら実践している。
理論だけではなく、「患者様の心を読むプロフェショナル」としても定評がある。院長先生の想いをもとに、組織力の活性化から業績向上までのトータルサポートをテーマとしている。

ブログ:戸澤良親の歯科医院コンサル珍道中日記
http://ameblo.jp/yoshichika-tozawa/

ページのトップへ戻る