【歯科】どのようにスタッフと信頼関係を作るか

自費率向上についてご興味がある方は下記もご確認下さい。

banner_1200px628px

<船井総研×アプラス共同開発/自費見積もりシミュレーションソフト今なら導入0円!>
http://aplus-mitsumori.com/

 

こんにちは。 船井総合研究所  歯科 経営コンサルタントの松谷直樹 です。

院長として必要な能力の中でも最も難しいものの一つが

「スタッフとの信頼関係を作る」ということだと感じます。

つい、自分の思うようにならなければ、コントロールしたい気持ちになります。

何しろ、医院の中では最も偉い存在なので表面上は従ってもらえますが

モチベーションは低くなっているかもしれません。

あるいは対立関係になってしまうと余計に雰囲気も悪くなるし、

仕事の効率も下がります。

そうです。結局、信頼関係を築けなければ「自分が損をしてしまう」、

ということなのです。

この部分に気がつかず、延々と関係を悪い状態で続けてしまうことがあるようです。

どのようにするとよいのでしょうか。

それは、一段、自分がより上位の立場で、大人の立場で、

スタッフの良い点も、悪い点も包みこんであげることが必要だと思います。

船井総研の創業者の船井幸雄は、「どんな異なった意見でも出てくれば、

出てくるほど自分が包む込み内容は完全なものに近づいていくし、

エネルギーも知恵も湧いてくる」

というようなことを言っています。

 

自費率向上についてご興味がある方は下記もご確認下さい。

banner_1200px628px

<船井総研×アプラス共同開発/自費見積もりシミュレーションソフト今なら導入0円!>
http://aplus-mitsumori.com/

同じテーマで記事を探す

この記事を書いたコンサルタント

松谷 直樹

プロフィール詳細

売上、利益の向上を大切にしながらも、「本当に患者さんに喜んでもらえる歯科医院作り」をコンサルティングの第一の目的に している。 「歯科医院は患者さんに喜んでもらえるためにある」「経営ノウハウは患者さんに喜ばれるような歯科医院作りのために活用するべきだ」という信念を元にコン サルティングを実施。 実現可能な提案と口頭だけでなく提案内容を実際に現場に落とし込み、実行するコンサルティングのスタイルを実行している。

ページのトップへ戻る