やりがいのある仕事

2011年06月28日 (火)

コラムテーマ:
歯科医院経営

先日経営相談の中である院長に

「歯科医師ってやりがいのある仕事だと思いますか?あなた」

とおっしゃられた。



私は「歯科医師の仕事を他の仕事と比較をするわけではありませんが、とてもやりがいのある仕事だと思います。歯科医師だけではなくて、歯科衛生士の仕事も同様ですよ。」と答えた。



「例えば、時々、患者さんがおみやげや贈り物を持ってこられることはないでしょうか?」



「よくありますね。」



「他の仕事で、それほど頻繁に顧客がお土産をもってくるような仕事は世の中にはそうありませんよ。それだけ感謝されているということだと思います。」

とお話をさせていただいた。



患者さんは医院に治療費を払っているわけだから、それ以外に支払う必要はないのに、何か持ってこられるということは、支払った治療費以上の何らかの価値や、感謝の気持ちを持っているということだと思う。



一部の業種では仕事を顧客からもらうために、お中元やお歳暮を送るような必要性のある業種もあろうかと思う。



そのようなことを考えるとやはり歯科医院の仕事はそれほど感謝される仕事なんだと思う。



例えばある医院では患者さんが医院にではなく、担当の歯科衛生士個人に贈り物を持ってこられることがあった。



20歳そこそこの女性で、自分の親以上の年齢の人に感謝されるような仕事はそうそうないと思う。



そのような話を聞くと歯科衛生士の仕事は私達が考えている以上に患者に感謝される仕事なんだと思います。



院長自らそのようなことをスタッフさんにもお伝えいただきたいと思います。

同じテーマで記事を探す

この記事を書いたコンサルタント

松谷 直樹

プロフィール詳細

売上、利益の向上を大切にしながらも、「本当に患者さんに喜んでもらえる歯科医院作り」をコンサルティングの第一の目的に している。 「歯科医院は患者さんに喜んでもらえるためにある」「経営ノウハウは患者さんに喜ばれるような歯科医院作りのために活用するべきだ」という信念を元にコン サルティングを実施。 実現可能な提案と口頭だけでなく提案内容を実際に現場に落とし込み、実行するコンサルティングのスタイルを実行している。

ページのトップへ戻る