よい立地を探し出し判断するには

コラムテーマ:
歯科医院経営

こんにちは。 船井総合研究所  歯科 経営コンサルタントの松谷直樹 です。

今ある医院の移転の仕事で物件を不動産会社さんに探してもらっています。

医院のコンセプトが自費診療をメインとした医院にするため、

立地は非常に大切です。

とはいいましてもある程度目星をつけて、エリアを指定し、不動産会社に

リクエストを出すのですが、このリクエストの仕方が重要だと考えています。

○○付近で○坪くらいで・・・というようなリクエストの仕方ですと

思い通りの物件はまず出てきません。

具体的に○○道路に面していて、あるいは、○○ビルの近くで・・・坪数は○○坪くらいで、賃料は○○円以内で・・・

というレベルのリクエストの仕方が大事です。

探す不動産会社も探しやすいのです。

次に見に行ってみてなんとなくよさそう、や

なんとなく賃料が安めだから・・・というなんとなくで決めるのはリスクがあります。

近隣の人口増加率、都心部であれば、昼間人口と夜間人口の比率

エリアの所得状況、診療圏における患者の見込み数、近隣のテナント入居内容等々

そして近隣の競合医院状況

データによる分析を踏まえ最終的に決定することで、

限りなく成功の確率を高めることができます。

これから物件を3つくらいに絞込みマーケティング調査を行う予定です。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

ブログ内容へのご質問、歯科医院コンサルティングの質問等は下記アドレスまでお願いいたします。

matsutani@funaisoken.co.jp

同じテーマで記事を探す

この記事を書いたコンサルタント

松谷 直樹

プロフィール詳細

売上、利益の向上を大切にしながらも、「本当に患者さんに喜んでもらえる歯科医院作り」をコンサルティングの第一の目的に している。 「歯科医院は患者さんに喜んでもらえるためにある」「経営ノウハウは患者さんに喜ばれるような歯科医院作りのために活用するべきだ」という信念を元にコン サルティングを実施。 実現可能な提案と口頭だけでなく提案内容を実際に現場に落とし込み、実行するコンサルティングのスタイルを実行している。

ページのトップへ戻る