オペレーションの改善

コラムテーマ:
歯科医院経営

こんにちは。 船井総合研究所  歯科 経営コンサルタントの松谷直樹 です。

今日は神奈川で大きな改善プロジェクトの一環で、医院のオペレーション分析をしていました。

歯科医院に限らず、患者の多い医院はどのようにして患者を待たせないか、

どうすればクオリティを下げずに多くの患者に対応できるか、という課題に当たります。

それを改善するためには単にスタッフを多くするのでは解決できない、

一つ一つの行動を分析する必要があります。

例えば、

スタッフの動きに重複した部分は無いか、


患者の待たせ方や誘導の順番を工夫ができないか


インカムや各種のソフトを使って省力化できないか


Drの対応や説明部分をスタッフと分担してできないか・・・

など色々な視点があります。

明日は中国地方に伺う予定です。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

ブログ内容へのご質問、歯科医院コンサルティングの質問等は下記アドレスまでお願いいたします。

matsutani@funaisoken.co.jp

同じテーマで記事を探す

この記事を書いたコンサルタント

松谷 直樹

プロフィール詳細

売上、利益の向上を大切にしながらも、「本当に患者さんに喜んでもらえる歯科医院作り」をコンサルティングの第一の目的に している。 「歯科医院は患者さんに喜んでもらえるためにある」「経営ノウハウは患者さんに喜ばれるような歯科医院作りのために活用するべきだ」という信念を元にコン サルティングを実施。 実現可能な提案と口頭だけでなく提案内容を実際に現場に落とし込み、実行するコンサルティングのスタイルを実行している。

ページのトップへ戻る