【歯科】キャンセル率が高くなる理由①

2010年08月08日 (日)

コラムテーマ:
キャンセル率を下げよう

 

自費率向上についてご興味がある方は下記もご確認下さい。

banner_1200px628px

<船井総研×アプラス共同開発/自費見積もりシミュレーションソフト今なら導入0円!>
http://aplus-mitsumori.com/

 

 

お読みいただいている皆様、こんにちは。

船井総研 メディカルの戸澤良親です。

本日は、大阪梅田のウェスティンホテルで、クライアント様との打ち合わせをしてきました。

院長先生は、昨日から宿泊し、ホテルから淀川の花火大会を一望できる部屋で、

お過ごしされたそうです。

うらやましい限りです。。。

さて、本題ですが、今日ご支援させていただいた歯科医院さんの課題でもあるのですが、

「キャンセル率」についてご紹介しましょう。

そもそも、キャンセルは、なぜ発生するのか?

答えは、患者さん自身が、歯科医院で予約を取ったという意識が低いからです。

だから、すこし用事ができたり、痛みがなくなったりすると、行くことが面倒となり、

キャンセルしていくわけです。

皆様も想像してください。

美容院などでは気軽にキャンセルや予約の変更をすると思いますが、

旅行や飛行機チケットですと、キャンセル料が発生する理由や目的がはっきりしていることで、

キャンセルはなかなかしませんよね!?

それと一緒です。

ですので、まずやらなくてはならないことは、

”歯科医院で予約をすることに対する意識を高める”ことです。

そのために、私のクライアントでは、新患カウンセリング時に同意書を書いてもらったり、

治療を中断することによるリスクを伝え続けて頂いています。

キャンセル率とデンタルIQはある意味で反比例していきますので、歯に対する意識の高い患者さんを育てることが、キャンセル率の低下につながるわけですね。

本日は、ここまでとさせていただき、次回のブログで「キャンセル率が高くなる理由②」を

お伝えさせていただきます。

それでは、またお会いしましょう!!

 

自費率向上についてご興味がある方は下記もご確認下さい。

banner_1200px628px

<船井総研×アプラス共同開発/自費見積もりシミュレーションソフト今なら導入0円!>
http://aplus-mitsumori.com/

同じテーマで記事を探す

この記事を書いたコンサルタント

戸澤 良親

プロフィール詳細

船井総合研究所に新卒社員として入社。
介護ビジネス・不動産業界と様々なコンサルティングチームを経て、
現在の「メディカルチーム」に至る。
歯科医院をはじめに、耳鼻咽喉科・泌尿器科業界の様々な医療経営から培ったコンサルティングノウハウにより、現在、完全現場型コンサルティングを展開している。
北は北海道から南は熊本県まで全国各地の医療機関コンサルティングを手がけている。
特に診療のシステム化による即時業績アップとスタッフの生産性を高めるための教育体制の構築には絶大なる支持を得ている。
「院長先生が治療に専念できるように」をモットーに日々スタッフを交えながら実践している。
理論だけではなく、「患者様の心を読むプロフェショナル」としても定評がある。院長先生の想いをもとに、組織力の活性化から業績向上までのトータルサポートをテーマとしている。

ブログ:戸澤良親の歯科医院コンサル珍道中日記
http://ameblo.jp/yoshichika-tozawa/

ページのトップへ戻る