歯科医院でグッドアンドニューを実際やってみてわかったこと(2)

2008年03月04日 (火)

コラムテーマ:
スタッフ採用・育成ノウハウ

自費率向上についてご興味がある方は下記もご確認下さい。

banner_1200px628px

<船井総研×アプラス共同開発/自費見積もりシミュレーションソフト今なら導入0円!>
http://aplus-mitsumori.com/

 

こんばんは。

株式会社船井総合研究所 歯科医院 経営コンサルタントの松谷直樹です。

前回、グッドアンドニューを上手に行うためにはどうしたらよいか!というお話でした。

私が顧問先の医院で院長先生と一緒にやってきてルール化したことは以下のとおりである。

・毎日だとネタ切れする。最低週1回~月1回がもっともよさそうだ

・最初は院長から話す。慣れてくればスタッフさんからでもよい。最初に院長が話すことで、場を盛り上げられるからだ。

・院長が話すことは、院長の人間らしさ、親しみやすさを示せるエピソードがよい。

たとえば、

新しい飲食店に行ってこういう体験をした。

家族と遊びに行ってこういう失敗をして恥ずかしい思いをした。

占いを受けてこのような結果をもらった

等々

スタッフさんにもできるだけ、身近、共感できる話題がよい。

・スタッフさんが話してくれたことには、質問をし、話題を膨らましてあげる。

わざわざ、話したのに、さらっと流してしまうことで盛り上がりに欠けてしまう。

たとえば、新しいマッサージ店に行って満足だったという話をしたのであれば、どこにあるのかということや、金額はどれ位したのか?といった、簡単な質問を投げかけてあげることで、スタッフさん自身に、話してよかったという軽い満足感が生まれ、モチベーションにつながる。

おおよそ以上が、私が顧問先の医院でグッドアンドニューを院長と一緒に行ってきてルール化したことです。

ご質問等ありましたらmatsutani@funaisoken.co.jp

㈱船井総合研究所 メディカルグループ 松谷直樹まで

 

自費率向上についてご興味がある方は下記もご確認下さい。

banner_1200px628px

<船井総研×アプラス共同開発/自費見積もりシミュレーションソフト今なら導入0円!>
http://aplus-mitsumori.com/

同じテーマで記事を探す

この記事を書いたコンサルタント

松谷 直樹

プロフィール詳細

売上、利益の向上を大切にしながらも、「本当に患者さんに喜んでもらえる歯科医院作り」をコンサルティングの第一の目的に している。 「歯科医院は患者さんに喜んでもらえるためにある」「経営ノウハウは患者さんに喜ばれるような歯科医院作りのために活用するべきだ」という信念を元にコン サルティングを実施。 実現可能な提案と口頭だけでなく提案内容を実際に現場に落とし込み、実行するコンサルティングのスタイルを実行している。

ページのトップへ戻る