コミュニケーションですべてが決まる

2009年02月05日 (木)

コラムテーマ:
スタッフ採用・育成ノウハウ

こんばんは。株式会社船井総合研究所  歯科医院 経営コンサルタントの松谷直樹 です。

今日はコミュニケーションの重要性をお話したいと思います。

多くの医院を見ていると、コミュニケーションの質と量が多ければ多いほど、高ければ高いほど、うまくいっているようです。

質と量とでは、まずは、量を高めることが簡単でよいと思う。量が増えれば質も自然と高まる。

とにかくコミュニケーションをとり、相手の話を聞き自分のことを話す。

そうすると、この人はこういう人なのだ、こういう弱い部分もあるのだ、安心できそうだ、という気持ちになり、少々のことがあっても信頼関係が強固だから失敗しても許してもらえる。

スタッフに本音を話してもらおうと思うとまずは自分から弱点を意図的に話すことが有効だと思います。

時々コミュニケーションをとって、本音話をしてもらうのはなかなか難しい。

コミュニケーションが取れていないと、些細なことから、相手のことを不信になってしまいます。

一度不信になると、なかなか、元通りに戻ることは難しいです。

これはスタッフ同士でもそうですし、患者に対してもそうです。

ですからカウンセリングを行うことが重要なのだと思います。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

歯科経営のご相談ご質問、歯科医院コンサルティングの質問等ありましたら下記

アドレスまでお願いいたします。

matsutani@funaisoken.co.jp

同じテーマで記事を探す

この記事を書いたコンサルタント

松谷 直樹

プロフィール詳細

売上、利益の向上を大切にしながらも、「本当に患者さんに喜んでもらえる歯科医院作り」をコンサルティングの第一の目的に している。 「歯科医院は患者さんに喜んでもらえるためにある」「経営ノウハウは患者さんに喜ばれるような歯科医院作りのために活用するべきだ」という信念を元にコン サルティングを実施。 実現可能な提案と口頭だけでなく提案内容を実際に現場に落とし込み、実行するコンサルティングのスタイルを実行している。

ページのトップへ戻る