スタッフから役割分担を提案⇒先生感動!

2013年10月16日 (水)

コラムテーマ:
患者様を増やす

みなさん、こんにちは。船井総研 歯科医院経営コンサルティングチームの戸澤良親です。

本日は東京の歯科医院様のご支援です。

(朝は台風、東京は激しかったですね!)

昨日のご支援先である神奈川の歯科医院様は

8月にチェアを2台増設し、全部で5台にしました。

スタッフ数はチェア3台時と5台時では、一緒です。

そして、9月は昨年対比で保険が200%、トータルで170%アップと超好調です。

まだまだ患者様が増え続けているため

嬉しい提案が歯科衛生士スタッフからありました。

その提案は

「効率が悪いから、効率をよくしよう!」

という内容。

歯科衛生士が患者対応をしていて院長が片付けをしていたり

受付がガーゼを切ったりしていて、歯科衛生士が受付に入ったりしているとのこと。

これは当然、効率が悪い。

ブログを読んでくださっている方は

「なんだ、あたり前のことじゃないか!」

と思われるでしょう。

ここでお伝えしたいことは効率化ではなく

普段仲の良いスタッフ同士ではあるが

真剣な顔で、後輩スタッフにしっかりと提案している姿。

本当にメリハリのある職場は、気持ちの良いものです。

先生も感動していました。

もっともっと、医院として成長していくでしょう。

皆さんも頑張ってください!!

応援しております!!

同じテーマで記事を探す

この記事を書いたコンサルタント

戸澤 良親

プロフィール詳細

船井総合研究所に新卒社員として入社。
介護ビジネス・不動産業界と様々なコンサルティングチームを経て、
現在の「メディカルチーム」に至る。
歯科医院をはじめに、耳鼻咽喉科・泌尿器科業界の様々な医療経営から培ったコンサルティングノウハウにより、現在、完全現場型コンサルティングを展開している。
北は北海道から南は熊本県まで全国各地の医療機関コンサルティングを手がけている。
特に診療のシステム化による即時業績アップとスタッフの生産性を高めるための教育体制の構築には絶大なる支持を得ている。
「院長先生が治療に専念できるように」をモットーに日々スタッフを交えながら実践している。
理論だけではなく、「患者様の心を読むプロフェショナル」としても定評がある。院長先生の想いをもとに、組織力の活性化から業績向上までのトータルサポートをテーマとしている。

ブログ:戸澤良親の歯科医院コンサル珍道中日記
http://ameblo.jp/yoshichika-tozawa/

ページのトップへ戻る