スタッフとの関わりはトップとして70%!ヒトとして30%!

2014年08月28日 (木)

コラムテーマ:
こうすると職場環境は活性化する

みなさん、こんにちは。船井総研 歯科医院経営コンサルタントチームの戸澤良親です。

昨日は山形の歯科医院様でした。

一昨日の歯科医院様は、大分長いことお付き合いさせていただいております。

売上は約4年間で3倍へ!

自費率は15%から85%まで上昇!

元々自費率100%を目指していた歯科医院であったので、

業績以上に先生がやりたい仕事が叶って、私も嬉しいです。

ただ、業績ややりたいことが叶っても、

昨年度までまだ先生の幸せ感はなかったです。

それは、やはり、人事問題。

離職率が高い


ヒトが採用できない


なかなか思った以上に育たない

などなど、人事系の悩みは絶えませんでした。

ですので、昨年度は、採用を強化。

労働環境を抜本的に変え、

教育体制も見直しを。

その結果、人財を2名獲得することに成功!

色々と長いこと解決できなかった問題が解決し

ようやく組織の活性化へ目を向けられます。

そこで、先生にご提案。

「そろそろ、トップとの関わりだけではなく、ヒトとしてのコミュニケーションを増やしていきましょう!

3ヶ月に1回くらいのペースでよいので、院外イベントをやりましょう!

そして、幹事をスタッフにローテーションで任せましょう!」

と。

今の組織だからこそ、この提案に乗ってくれて

3ヶ月に1回イベントをやることに!

バーベキューやら、ボーリング大会やら、釣り大会やら色々。

幹事もやる気満々!

9月のイベントに私も誘ってもらえたが、日程が合わず、残念。

誘ってくださったスタッフさん、感謝です!楽しんでください!!

このようなことを繰り返すことで、より組織は活性化します。

普段、院内で診療であったり、ミーティングであったり、朝礼などで

新たな提案が出たり、決まりごとが出たりとあり、それぞれには目的が必ずあります。

しかし、

・院長がなぜその内容を提案したか

・なぜチーフがそういっていたのか

を100%院内で理解することは難しいと思います。

やはり、100%お互いの気持ちを理解するためには

院外の環境を作り、トップとスタッフ、チーフとスタッフという立場ではなく

全員がヒトとして関われる場所を作るのです。

そうすることで、

院内であれば聞きづらかったことでも、

院外であれば素直に堂々と聞くことができる。

結果、腑に落ちるまでコミュニケーションを取ることができます。

上手く、組織を成長させている医院さんは

トップとしての関わりだけではなく、ヒトとしての関わりも上手くやっているようです。

時には、院長であったり、チーフが弱みや普段見せたことのない自分を見せる

こともいいでしょうね。

やはり、歯科医院コンサルは、

業績以上に組織の発展のほうが幸せ感を提供できるな~

と思った今日この頃でした。。。

皆さんも頑張ってください!!

応援しております!!

同じテーマで記事を探す

この記事を書いたコンサルタント

戸澤 良親

プロフィール詳細

船井総合研究所に新卒社員として入社。
介護ビジネス・不動産業界と様々なコンサルティングチームを経て、
現在の「メディカルチーム」に至る。
歯科医院をはじめに、耳鼻咽喉科・泌尿器科業界の様々な医療経営から培ったコンサルティングノウハウにより、現在、完全現場型コンサルティングを展開している。
北は北海道から南は熊本県まで全国各地の医療機関コンサルティングを手がけている。
特に診療のシステム化による即時業績アップとスタッフの生産性を高めるための教育体制の構築には絶大なる支持を得ている。
「院長先生が治療に専念できるように」をモットーに日々スタッフを交えながら実践している。
理論だけではなく、「患者様の心を読むプロフェショナル」としても定評がある。院長先生の想いをもとに、組織力の活性化から業績向上までのトータルサポートをテーマとしている。

ブログ:戸澤良親の歯科医院コンサル珍道中日記
http://ameblo.jp/yoshichika-tozawa/

ページのトップへ戻る