スタッフは経営には興味ない

コラムテーマ:
ブログ

皆さん、こんにちは。

船井総研 メディカルグループ 医療コンサルタントの戸澤良親です。

本日は、もう1つ、最近の気付きからお伝えしていきましょう。

スタッフを教育する際に、絶対やってはいけないことが私の中でルール化しています。

それは何でしょうか。

スタッフを指導するとき、経営面からのアプローチをすることです。

経営面からのアプローチをしてはダメ!!ということではありません。

全面的に、経営面からのアプローチをしてしまうと、スタッフはひいてしまいます。

「経営的に○○だから・・・」


「経営的に生産性が低いから、君は60分でやっているのを45分でメンテをやりなさい!!」

これでは、スタッフは納得しません。

納得しないどころか、最悪の場合、どんどん気持ちが医院から離れていってしまうことがあるでしょう。

なぜか??

スタッフにとって、経営は本来、興味ないものだからです。

もちろん、興味を持ってもらわなくてはなりませんが、今は前提条件としてお話を進めていきます。

スタッフは患者さんを喜ばせることに興味があるわけです。

スタッフは、「患者さんに何分かけてもキレイに歯石をとってあげたい」と思っていても、

院長が「生産性が悪いから30分以内で終わらせなさい」といっては、

スタッフは、「先生は患者さんに所詮満足させる気なんてないのね!」

と誤解されるのがおちです。

皆様は、ドクターでありながら、経営者でもあります。

しかし、医療機関ですので、経営者感を患者さん対してもスタッフに対しても表に出してはいけません。


医療機関の教育で一番大切なことは、

「患者さん第一」、「従業員第一」に考えていることが伝わるかどうかです。


この軸がある中で、経営面のアプローチはかまいません。


少し育て方のヒントにしてみてください。

本日もお読みいただき、ありがとうございました。

心から感謝しております。

■□■□■お知らせ情報□■□■□■


(セミナー・研修に関わる情報)

●リコール率70%を目指す1日研修in東京
~大好評のリコール1日研修、ついに東京で開催決定!!~

日時:12月5日(日)
開催場所:船井総研東京本社

(コンサルティングに関わる情報)


●院長の想いを組織に落とし込む評価制度構築コンサルティング

以下の項目に貴院は当てはまってはいませんか?
□経営理念が明確に定まっていない
□経営理念はあるが、スタッフが理解していない
□経営理念に基づいた育成プログラム(評価制度)がない
□評価制度はあるが、業者のものをそのまま使ってしまっている
□教育システムがない

1つでも当てはまる医療機関さんで、「組織力を高めたい!!」と強い要望をお持ちの方は、ご相談ください。

●出張研修承ります!
□メンテナンス患者を増やしたい方のためのリコール率アップ出張研修
□デンタルIQを高めていきたい医院向けの新患カウンセリング導入出張研修
□自費率を上げていきたい医院向けの補綴コンサルティング出張研修
と3企画ご用意しています。


《《お問合せ・メールでのお申込みは、こちらから》》

(メールでは、医院名、お名前、ご用件を御記入ください)
yoshichika-tozawa@funaisoken.co.jp
担当:戸澤良親

同じテーマで記事を探す

この記事を書いたコンサルタント

戸澤 良親

プロフィール詳細

船井総合研究所に新卒社員として入社。
介護ビジネス・不動産業界と様々なコンサルティングチームを経て、
現在の「メディカルチーム」に至る。
歯科医院をはじめに、耳鼻咽喉科・泌尿器科業界の様々な医療経営から培ったコンサルティングノウハウにより、現在、完全現場型コンサルティングを展開している。
北は北海道から南は熊本県まで全国各地の医療機関コンサルティングを手がけている。
特に診療のシステム化による即時業績アップとスタッフの生産性を高めるための教育体制の構築には絶大なる支持を得ている。
「院長先生が治療に専念できるように」をモットーに日々スタッフを交えながら実践している。
理論だけではなく、「患者様の心を読むプロフェショナル」としても定評がある。院長先生の想いをもとに、組織力の活性化から業績向上までのトータルサポートをテーマとしている。

ブログ:戸澤良親の歯科医院コンサル珍道中日記
http://ameblo.jp/yoshichika-tozawa/

ページのトップへ戻る