スタッフ体験型ムービーを作ろう!

2014年09月08日 (月)

コラムテーマ:
自費診療を増やす

みなさん、こんにちは。船井総研 歯科医院経営コンサルタントチームの戸澤良親です。

昨日は北海道歯科医師会旭川会場講演し、

本日は神奈川県のご支援先です。

昨年度はご支援先の中心テーマが採用でした!

ほぼ全ご支援先で成果が出て

今は再び、マーケティングの支援に移ってきています。

コンサルティングで採用テーマで結果が出てからの

マーケティングは本当に取り組みやすく、楽しいです!

なぜなら、採用した人はかなり厳選してから採用していますから

とても帰属意識が高く、有能な方が多いから、一緒に取り組みやすいのです。

そこで今行っているマーケティングの1つとして共通することは

「スタッフ体験型ムービー製作」

です。

一昔前までは、情報量を紙ベース(ポスター、アルバムなど)で

発信していることが多かったです。

今は、動画も並行して行っています。

紙は、目からインプットすることしかできませんが、

動画であると、目と耳でインプットすることができるため、

より理解度が深まります。

また、

紙は、患者様自らが能動的に動いた人しかインプットすることができませんが、動画は、受動的な方にも発信することができ、意識を高めることができます。

そして、より見ていただけるために

スタッフさんの治療をベースに製作しています。

セラミック治療、ホワイトニング治療、色々とあるかと思いますが、

スタッフさんが患者様として治療を受けている動画を製作することで

より患者様に説得力を与えることができます。

ぜひ、このような取り組みも検討してみてくださいね!

頑張ってください!!

応援しております!!

同じテーマで記事を探す

この記事を書いたコンサルタント

戸澤 良親

プロフィール詳細

船井総合研究所に新卒社員として入社。
介護ビジネス・不動産業界と様々なコンサルティングチームを経て、
現在の「メディカルチーム」に至る。
歯科医院をはじめに、耳鼻咽喉科・泌尿器科業界の様々な医療経営から培ったコンサルティングノウハウにより、現在、完全現場型コンサルティングを展開している。
北は北海道から南は熊本県まで全国各地の医療機関コンサルティングを手がけている。
特に診療のシステム化による即時業績アップとスタッフの生産性を高めるための教育体制の構築には絶大なる支持を得ている。
「院長先生が治療に専念できるように」をモットーに日々スタッフを交えながら実践している。
理論だけではなく、「患者様の心を読むプロフェショナル」としても定評がある。院長先生の想いをもとに、組織力の活性化から業績向上までのトータルサポートをテーマとしている。

ブログ:戸澤良親の歯科医院コンサル珍道中日記
http://ameblo.jp/yoshichika-tozawa/

ページのトップへ戻る