歯科医院のタウンページマーケティング➁

2008年01月16日 (水)

コラムテーマ:
広告ノウハウ

こんにちは。

株式会社船井総合研究所 歯科コンサルタントの松谷直樹です。

前回の続きです。

↓(クリックすると大きくなります)

記載の仕方としては、「インプラント、ホワイトニング」単体キーワードでの記載は不可能で必ず医院で提供している、目安の金額を一緒に記載をすれば、自費診療の記載が可能ということです。

近年タウンページの費用対効果は顧問先のデータを見る限り、悪くなっていたようですが、こちらの事例を見ると、特に高単価の診療であるインプラントの記載を積極的に行った医院さんには効果的でしょう。

ただし、2~3年後には多くの医院が同様の掲載方法を取ることが一般的になるでしょうから再び効果は低下するかもしれません。

同様に注意が必要なのは、同様の自費診療の記載方法が、外壁や外看板にも適用されることです。
看板についても従来は、規制がありましたが、こちらも記載可能のようです。

点数制度をはじめ、こういった制度の変更による時流の変化はいつの時代も起こっていますので、最新の情報をキャッチしておくことをおすすめします。

 

 

自費率向上についてご興味がある方は下記もご確認下さい。

 

banner_1200px628px

 

<船井総研×アプラス共同開発/自費見積もりシミュレーションソフト今なら導入0円!>
http://aplus-mitsumori.com/

 

同じテーマで記事を探す

この記事を書いたコンサルタント

松谷 直樹

プロフィール詳細

売上、利益の向上を大切にしながらも、「本当に患者さんに喜んでもらえる歯科医院作り」をコンサルティングの第一の目的に している。 「歯科医院は患者さんに喜んでもらえるためにある」「経営ノウハウは患者さんに喜ばれるような歯科医院作りのために活用するべきだ」という信念を元にコン サルティングを実施。 実現可能な提案と口頭だけでなく提案内容を実際に現場に落とし込み、実行するコンサルティングのスタイルを実行している。

ページのトップへ戻る