ツールは医院の本質を伝える道具

コラムテーマ:
歯科医院経営

こんにちは。 船井総合研究所  歯科経営コンサルタントの松谷直樹 です。

歯科医院経営においてパンフレットやツールは重要なものです。


私も顧問先の医院の患者向けパンフレットは数多く作成させていただいています。


一方重要なのは、ツールはあくまでも道具で、


このツールを使えば患者が増える、自費を選択される、


といったような使い方をしていただきたいくないとも考えています。


確かに、患者向け小冊子を作成することで自費の問い合わせを


増やすこともできます。


しかし、それが院長や医院の治療方針にのっとっていない内容であれば、


全く意味がないものと考えています。


目先の手法論にとらわれると実態と即していないので、長続きしないのです。


歯科医院において本質的に重要なのは治療であり、ツールはその治療内容を


患者にわかりやすく伝えるための道具であると考えていただきたいと思います。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

ブログ内容へのご質問、歯科医院コンサルティングの質問等は下記アドレスまでお願いいたします。

matsutani@funaisoken.co.jp

同じテーマで記事を探す

この記事を書いたコンサルタント

松谷 直樹

プロフィール詳細

売上、利益の向上を大切にしながらも、「本当に患者さんに喜んでもらえる歯科医院作り」をコンサルティングの第一の目的に している。 「歯科医院は患者さんに喜んでもらえるためにある」「経営ノウハウは患者さんに喜ばれるような歯科医院作りのために活用するべきだ」という信念を元にコン サルティングを実施。 実現可能な提案と口頭だけでなく提案内容を実際に現場に落とし込み、実行するコンサルティングのスタイルを実行している。

ページのトップへ戻る