トップダウンとボトムアップを使い分ける

皆さん、こんにちは。船井総研 歯科医院経営コンサルタントチームの戸澤良親です。

ただいま、大阪府の歯科医院でご支援をさせていただいていました。

よく、院長先生からよく聞かれる質問があります。

教育は、

「トップダウン」がよいのか

「ボトムアップ」がよいのか

両方とも正解であり、不正解でもあります。

正確にいうと、従業員の能力によって、使い分けしなくてはなりません。

ここでの能力とは、スキルだけではなく、やる気も含まれます。

私はよくお話しますが、

2:6:2の法則があります。

パレートの法則と呼ばれるものですが、

左側の2は、優秀な人材であり、

真ん中の6は、そつなくこなすタイプの人材であり、

右側の2は、医院を悪い方向へひっぱる人材です。

右側の2の人材は、徹底してトップダウン教育をしていかなくてはなりません。

「こうしたいと思うけど、どう思う?なんか意見をちょうだい?」と求めても、

「わかりません」、「でも・・・だって・・・」といわれるのがおちです。

「これは決定事項です。これを今日からやってください」と

有無を言わせない状態にしていきましょう。

徹底してトップダウンでいくと、真ん中の6にいくか、やめるかのどちらかに流れます。

真ん中の6の人材には、左側の2に移行していきたいわけですが、

このゾーンは、トップダウンとボトムアップのミックス型教育が適切でしょう。

具体文例でいうと、

「こういうことをするために、〇〇か■■のどちらかをしようと思うが、どちらがよいと思う?」

と聞き、選択権を与えていきます。

つまり、行動の決定権を若干与えていくのです。

そして、そのスタッフが選択したら、その取り組み事項を責任もって、リーダーシップを発揮してもらいます。

左側の2の人材には、トップダウン教育は不適切で、ボトムアップ教育が最適です。

このゾーンの方には、

「メンテナンスを6月までに〇〇人にすることが私の目標だけど、どうしたら達成できるか、考えてみて」

などと、選択の幅を広げていくわけです。

そうすると、いろいろと前向きな意見を持ってきてくれます。

このゾーンの人材比率が増えると、院長先生は、診療に集中できるようになります。

そして、人材ではなく、”人財”です。


すなわち”宝”です。

ドクターは、ドクターでしかできないことを、たくさんやるべきです。

それは、”治療”です。

そのために、人材育成を怠らず、正しい教育をしていきましょう。

応援しております!!

同じテーマで記事を探す

この記事を書いたコンサルタント

戸澤 良親

プロフィール詳細

船井総合研究所に新卒社員として入社。
介護ビジネス・不動産業界と様々なコンサルティングチームを経て、
現在の「メディカルチーム」に至る。
歯科医院をはじめに、耳鼻咽喉科・泌尿器科業界の様々な医療経営から培ったコンサルティングノウハウにより、現在、完全現場型コンサルティングを展開している。
北は北海道から南は熊本県まで全国各地の医療機関コンサルティングを手がけている。
特に診療のシステム化による即時業績アップとスタッフの生産性を高めるための教育体制の構築には絶大なる支持を得ている。
「院長先生が治療に専念できるように」をモットーに日々スタッフを交えながら実践している。
理論だけではなく、「患者様の心を読むプロフェショナル」としても定評がある。院長先生の想いをもとに、組織力の活性化から業績向上までのトータルサポートをテーマとしている。

ブログ:戸澤良親の歯科医院コンサル珍道中日記
http://ameblo.jp/yoshichika-tozawa/

ページのトップへ戻る