ニッチな分野で長所を作る

2010年07月24日 (土)

コラムテーマ:
歯科医院経営

こんにちは。 船井総合研究所  歯科 経営コンサルタントの松谷直樹 です。

収益を伸ばす方法としては、審美・補綴、インプラント、義歯、矯正

といった高単価な部類の治療に力を入れるのが当たり前のように

なっていますが、ニッチ(すき間)な診療であれば、競争も少なく、

比較的容易に一番になることができます。

確かに収益は少ないかもしれないが、独自固有の長所を磨き上げていくことで

最終的には、他者は対抗できないくらいの医院のスタイルを

作り上げることができるでしょう。

今後は、そのような特徴が明確な医院を目指すことが大切になると思います。

同じテーマで記事を探す

この記事を書いたコンサルタント

松谷 直樹

プロフィール詳細

売上、利益の向上を大切にしながらも、「本当に患者さんに喜んでもらえる歯科医院作り」をコンサルティングの第一の目的に している。 「歯科医院は患者さんに喜んでもらえるためにある」「経営ノウハウは患者さんに喜ばれるような歯科医院作りのために活用するべきだ」という信念を元にコン サルティングを実施。 実現可能な提案と口頭だけでなく提案内容を実際に現場に落とし込み、実行するコンサルティングのスタイルを実行している。

ページのトップへ戻る