成功する歯科院長のマインド

2008年06月20日 (金)

コラムテーマ:
優れた院長の思考

自費率向上についてご興味がある方は下記もご確認下さい。

banner_1200px628px

<船井総研×アプラス共同開発/自費見積もりシミュレーションソフト今なら導入0円!>
http://aplus-mitsumori.com/

 

こんばんは。

株式会社船井総合研究所  歯科医院 経営コンサルタントの松谷直樹 です。

私は大学を卒業後、すぐに今の会社船井総研に入社し、歯科関係の仕事に携わるようになり、6年くらいになる。

会社、仕事では様々なことを学ばしてもらったがその中でも特に重要で、良かったと思うことがある。

それは、「プラス発想」で仕事をする、ということだった。

(ちなみに船井総研では成功の3条件というものがありまして、素直、プラス発想、勉強好き、この3つをそろえることが成功への近道だとルール化している)

これについては仕事の中で徹底して仕込まれたように思う。

プラス発想とは具体的に言うとこういうことだ。

例えば、朝、家から仕事に出るとき、持っていたかばんの取っ手が取れてこわれたとしましょう。

このときにどう思うか、がプラス発想かどうかを試される場面である。

普通であれば、「急いでいるときについていない」「そろそろ寿命かな」などと考えるかもしれません。

プラス発想の考え方で言うと、「あ、外で、仕事で持ち歩いているときに壊れなくて良かった。自分はついている」

という考え方が出来るかどうか、これがプラス発想の考え方だ。

私は、会社に入る前は、どちらかというとマイナス発想の癖があったが、

会社に入って、あるいは優れた院長、経営者様と仕事をさせていただき、随分プラス発想になった。

これは、人生にとってもプラスだったと思う。

歯科医院の現場に置き換えて考えて見ましょう。

×「スタッフがなかなか仕事を覚えず、同じ間違いをする」

○「教育のシステム化をするチャンスだ」


×「自費率が5%しかない」×「自院の診療エリアは自費の出ない地域だ」

○「今後十分延びる余地がある」


×「あのスタッフはどうも自分とタイプ的にあわないような気がする」

○「あのスタッフは、自分と違うタイプだ。自分のスタッフに対する対応力を広げるチャンスだ」


×「講習会や診療に忙しくて、何もする時間がない」

○「効率的に仕事が出来るよう自分の能力を伸ばすことができる」

このように発想を持てるかどうかが、上手くいくかどうかの最初の分岐点である。

顧問先の院長先生は皆様プラス発想になっておられる方が多い。

既にこの時点で大方上手くいっているのだと思う。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

経営のご相談ご質問、、コンサルティングの質問等ありましたらmatsutani@funaisoken.co.jp

㈱船井総合研究所 メディカルグループ 松谷直樹あてまでお願いいたします。

 

自費率向上についてご興味がある方は下記もご確認下さい。

banner_1200px628px

<船井総研×アプラス共同開発/自費見積もりシミュレーションソフト今なら導入0円!>
http://aplus-mitsumori.com/

同じテーマで記事を探す

この記事を書いたコンサルタント

松谷 直樹

プロフィール詳細

売上、利益の向上を大切にしながらも、「本当に患者さんに喜んでもらえる歯科医院作り」をコンサルティングの第一の目的に している。 「歯科医院は患者さんに喜んでもらえるためにある」「経営ノウハウは患者さんに喜ばれるような歯科医院作りのために活用するべきだ」という信念を元にコン サルティングを実施。 実現可能な提案と口頭だけでなく提案内容を実際に現場に落とし込み、実行するコンサルティングのスタイルを実行している。

ページのトップへ戻る