プロフェショナルは、どの業界にも存在する!

2014年04月13日 (日)

コラムテーマ:
船井流の考え方

みなさん、こんにちは。船井総研 歯科医院経営コンサルティングチームの戸澤良親です。

今日は、デンタルスタッフオンリー1クラブでした。

オンリー1クラブで当社カウンセリング担当の

コンサルタント森内靖恵がカウンセリング中!

相変わらず、楽しく過ごすことができました~

そして、昨日は、

兵庫県の歯科医院様の支援先。

新人スタッフさんが歯科衛生士2名、歯科医師1名と

3名入社してくれたことで、歓迎会に参加。

そして、お世話になっている

大隈さんというカメラマンもご一緒。

帰りの電車で1時間ほど話をきいていたが、

カメラマンとしてのポリシーがあり、プロフェショナル性の高い考え方を持っておられる。

本当に楽しんで仕事をされている。

そして、お食事のときに、邪魔なく、すっとテーブル卓の方同士の会話に入り込み

一番の自然の笑顔をカメラショットで押さえる。

人を笑顔にさせる

人の口元を動かす

人の表情を豊かにするプロフェショナルだ。

ポリシーや技術だけしっかりとしているのではなく、

自分の写真を使っていただけることで、ホームページやフェイスブックなどの閲覧数やアクション率を120%程度にしなくてはならないという自身のミッションもある。

どこの業界にも、心から感じるプロフェショナルはおりますね。

何よりも、仕事を楽しんでいる、みているこちらまで幸せになります。

皆さん、自分の仕事に楽しんで自信を持って提供できておりますでしょうか。

自分が面白くない、つまらない、自信のないものは

患者様にも伝わります。

自信を持てる、患者様を笑顔にできる商品を提供していきましょう!!

頑張ってください!!

応援しております!!

同じテーマで記事を探す

この記事を書いたコンサルタント

戸澤 良親

船井総合研究所に新卒社員として入社。
介護ビジネス・不動産業界と様々なコンサルティングチームを経て、
現在の「メディカルチーム」に至る。
歯科医院をはじめに、耳鼻咽喉科・泌尿器科業界の様々な医療経営から培ったコンサルティングノウハウにより、現在、完全現場型コンサルティングを展開している。
北は北海道から南は熊本県まで全国各地の医療機関コンサルティングを手がけている。
特に診療のシステム化による即時業績アップとスタッフの生産性を高めるための教育体制の構築には絶大なる支持を得ている。
「院長先生が治療に専念できるように」をモットーに日々スタッフを交えながら実践している。
理論だけではなく、「患者様の心を読むプロフェショナル」としても定評がある。院長先生の想いをもとに、組織力の活性化から業績向上までのトータルサポートをテーマとしている。

ブログ:戸澤良親の歯科医院コンサル珍道中日記
http://ameblo.jp/yoshichika-tozawa/

ページのトップへ戻る