ホームページから口コミへ

コラムテーマ:
広告ノウハウ

こんにちは。 船井総合研究所  歯科経営コンサルタントの松谷直樹 です。

歯科業界において、ホームページは集患、情報発信の方法として

ここ10年間効果的な手法となってきました。

その結果、今では多くの医院がホームページを持ち、

いわゆる検索エンジン対策やリスティング広告を活用することで、

より上位に、アクセス向上に力を入れてきました。

その結果、患者は多くのホームページの中でホームページだけで

医院を選択することが難しくなっているように感じています。

実際、顧問先医院では、知り合いや家族から紹介を受け、

来院する前にホームページをチェックした上で、内容を確認した上で、来院した、

という患者さんの数が増えています。

今後、口コミにつながる院内マーケティングのあり方がより重要性を増すでしょう。

だからといってホームページの重要性が下がるというわけではありません。

来院する前に医院の情報を発信できる媒体として

より分かりやすいホームページ作りが必要になってくるでしょう。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

ブログ内容へのご質問、歯科医院コンサルティングの質問等は下記アドレスまでお願いいたします。

matsutani@funaisoken.co.jp

同じテーマで記事を探す

この記事を書いたコンサルタント

松谷 直樹

プロフィール詳細

売上、利益の向上を大切にしながらも、「本当に患者さんに喜んでもらえる歯科医院作り」をコンサルティングの第一の目的に している。 「歯科医院は患者さんに喜んでもらえるためにある」「経営ノウハウは患者さんに喜ばれるような歯科医院作りのために活用するべきだ」という信念を元にコン サルティングを実施。 実現可能な提案と口頭だけでなく提案内容を実際に現場に落とし込み、実行するコンサルティングのスタイルを実行している。

ページのトップへ戻る