ホームページの内容はできるだけ院長が書く

2010年07月04日 (日)

コラムテーマ:
広告ノウハウ

こんにちは。 船井総合研究所  歯科 経営コンサルタントの松谷直樹 です。

ホームページの内容はできるだけ院長が書くべきだと考えます。

提案内容を制作会社に任せることは構いません。

しかし、最終的にチェックし、自分の考えや想いが入っているか、

ということを必ず見ましょう。

上手く入っていないようであれば、自分自身で直しましょう。

歯科医院がホームページを持つことは当たり前になり、その結果

内容が同質化しています。

以前は持っていることで効果がありましたが、今は違います。

ありきたりの内容では、患者は魅力を感じないでしょう。

あるいは、ホームページの内容が実際の診療内容と異なっていると、

マイナスの結果が表れます。

ホームページを見て感じた事前期待よりも、実際の来院時の印象

が低ければ、マイナスの口コミが発生するからです。

本当のその医院の考えや実力がホームページに反映されるべき時代に

なってきたと感じています。

同じテーマで記事を探す

この記事を書いたコンサルタント

松谷 直樹

プロフィール詳細

売上、利益の向上を大切にしながらも、「本当に患者さんに喜んでもらえる歯科医院作り」をコンサルティングの第一の目的に している。 「歯科医院は患者さんに喜んでもらえるためにある」「経営ノウハウは患者さんに喜ばれるような歯科医院作りのために活用するべきだ」という信念を元にコン サルティングを実施。 実現可能な提案と口頭だけでなく提案内容を実際に現場に落とし込み、実行するコンサルティングのスタイルを実行している。

ページのトップへ戻る