ホームページの効果を倍増させるためには

2011年05月05日 (木)

コラムテーマ:
患者様を増やす

皆さん、こんにちは。船井総研 歯科医院経営コンサルタントチームの戸澤良親です。

ただ今、ゴールデンウィーク中ですが、ゆっくりとお過ごしされていますでしょうか。

最近、ホームページの効果が高い医院さんと低い医院さんの違いが明確になってきました。

その明確な答えのひとつは、”更新頻度”です。

更新頻度の低いホームページは、閲覧者から飽きられ、二度と見てもらえません。

最低、週に1回、できれば毎日更新していただきたいものです。

それでは、更新頻度をどのように上げていくのか?

そもそも患者さんに伝えていかなくてはならないことは、なんでしょうか?

それは、”当院の説得力を増す”ことです。

そのために、「症例写真」を更新し続けることが重要です。

昔からよくあるマーケティングとして、権威を高めるために

・インプラント症例実績年間100本以上

などと打ち出していました。

そうなると、症例実績が少ないと、自然と不利になります。

そんな症例実績が少ない医院さんこそ、ひとつひとつの実績を事細かく症例写真を載せ、コメントを残していくのです。

伝える媒体は、ホームページ内のブログや症例写真集、患者様体験談などがよいでしょう。

わかってはいるけど、なかなかできない・・・

そういった先生方が多いと思いますが、2ヶ月、3ヶ月意識していると、自然と習慣となり、身につきます。

頑張ってみてください!!

同じテーマで記事を探す

この記事を書いたコンサルタント

戸澤 良親

プロフィール詳細

船井総合研究所に新卒社員として入社。
介護ビジネス・不動産業界と様々なコンサルティングチームを経て、
現在の「メディカルチーム」に至る。
歯科医院をはじめに、耳鼻咽喉科・泌尿器科業界の様々な医療経営から培ったコンサルティングノウハウにより、現在、完全現場型コンサルティングを展開している。
北は北海道から南は熊本県まで全国各地の医療機関コンサルティングを手がけている。
特に診療のシステム化による即時業績アップとスタッフの生産性を高めるための教育体制の構築には絶大なる支持を得ている。
「院長先生が治療に専念できるように」をモットーに日々スタッフを交えながら実践している。
理論だけではなく、「患者様の心を読むプロフェショナル」としても定評がある。院長先生の想いをもとに、組織力の活性化から業績向上までのトータルサポートをテーマとしている。

ブログ:戸澤良親の歯科医院コンサル珍道中日記
http://ameblo.jp/yoshichika-tozawa/

ページのトップへ戻る