歯科医院のホームページの効果は絶大!?

コラムテーマ:
歯科医院経営

こんにちは。 船井総合研究所  歯科 経営コンサルタントの松谷直樹 です。

顧問先の医院さんでは来院ルート別に初診の患者が何名来られているかを測定しています。

例えば、看板を見て来院した。家族からの紹介で来院した、ホームページを見て・・・等々

自院の患者の来院ルートを把握することは、自院の現状を把握する上で重要なポイントと考えています。

先日、ある医院さんのデータを見ておりますと、ホームページからの来院患者が2008年68名だったのに対し、

2009年は92名と35.2%増加していました。

2010年は昨年を上回るペース。

地域差や年齢別人口比率の違いにより、大小はあるものの他院でも同様の事があります。

患者さんが歯科医院をWEBサイトで検索し、選択されるという行動がますます強まっている傾向を感じています。

 

自費率向上についてご興味がある方は下記もご確認下さい。

banner_1200px628px

<船井総研×アプラス共同開発/自費見積もりシミュレーションソフト今なら導入0円!>
http://aplus-mitsumori.com/

 

同じテーマで記事を探す

この記事を書いたコンサルタント

松谷 直樹

プロフィール詳細

売上、利益の向上を大切にしながらも、「本当に患者さんに喜んでもらえる歯科医院作り」をコンサルティングの第一の目的に している。 「歯科医院は患者さんに喜んでもらえるためにある」「経営ノウハウは患者さんに喜ばれるような歯科医院作りのために活用するべきだ」という信念を元にコン サルティングを実施。 実現可能な提案と口頭だけでなく提案内容を実際に現場に落とし込み、実行するコンサルティングのスタイルを実行している。

ページのトップへ戻る