ママからの学び

2012年03月27日 (火)

コラムテーマ:
歯科医院経営の考え方

みなさん、こんにちは。船井総研 歯科医院経営コンサルティングチームの戸澤良親です。

先週は地域一番セミナー全国ツアーと評価賃金制度セミナー、そしてご支援先となかなかの忙しさでした。

遠方からも多数の方にお越しいただき、ありがとうございました。

改めて、御礼を申し上げます。

そして、昨日は秋田県、今日は山形県のご支援先です。

昨日は、3軒のクラブに連れていっていただきましたが、

クラブのママの話は、コンサルタントとしてとても勉強になります。

そして、ママの経営能力によって、流行るか廃れるかが決まるわけですが、

面白いのは、経営方針によって、全く働いている従業員のキャラクター、仕事に対するマインド、そして売上の上げ方が違ってきます。

ママらしいママを目指しているママ


いかにもママらしくないママを目指しているママ

営業力強化型の指導しているママ


顧客満足度アップを指導しているママ

ママの方針によって、従業員の定着率、お客さんの1日で使う単価、リピート頻度が違ってきます。

”トップの方針”は、多大な影響力を及ぼしますね。

昨日だけでも、この両極端な方を見ることができ、マネジメント力向上をテーマにしている私としては、よかったです。

今日もがんります!!

同じテーマで記事を探す

この記事を書いたコンサルタント

戸澤 良親

プロフィール詳細

船井総合研究所に新卒社員として入社。
介護ビジネス・不動産業界と様々なコンサルティングチームを経て、
現在の「メディカルチーム」に至る。
歯科医院をはじめに、耳鼻咽喉科・泌尿器科業界の様々な医療経営から培ったコンサルティングノウハウにより、現在、完全現場型コンサルティングを展開している。
北は北海道から南は熊本県まで全国各地の医療機関コンサルティングを手がけている。
特に診療のシステム化による即時業績アップとスタッフの生産性を高めるための教育体制の構築には絶大なる支持を得ている。
「院長先生が治療に専念できるように」をモットーに日々スタッフを交えながら実践している。
理論だけではなく、「患者様の心を読むプロフェショナル」としても定評がある。院長先生の想いをもとに、組織力の活性化から業績向上までのトータルサポートをテーマとしている。

ブログ:戸澤良親の歯科医院コンサル珍道中日記
http://ameblo.jp/yoshichika-tozawa/

ページのトップへ戻る