メモを取る習慣・取り方を教える

皆さん、こんにちは。船井総研 歯科医院経営コンサルタントチームの戸澤良親です。

ただ今、浜松から帰ってきて、今から大阪のご支援先にお伺いします。

皆様の医院でも、4月から新人スタッフさんが入社したのではないかと思います。

ですので、4月は新人研修を私もする機会が多いですが、その中で、一番感じることは、メモを取る人が少なすぎることです。

まずは、メモをしつこいくらいつける習慣をつけさせましょう。


そして、メモを取る目的・意味合いをしっかりと伝えていきましょう。

この段階までくると、今度はメモの取り方が問題となります。

よく現場でみる光景が、

メモは取っているが、どこに何が書いてあるか分からないので、結局復習できず、活かされていないケースです。

(クライアント先のスタッフさんのメモノート)
戸澤良親の医療コンサル珍道中日記-メモの取り方

このスタッフさんは、自分で工夫をして、ノートにあらかじめ目次をつけているようです。

こういうノートですと、あとあと、分からないことがあっても、どこに何が書いているか分かりやすいから、見直しやすいですよね。

本当に関心します。

メモを取る癖付け、メモの取り方を徹底して、4月中に教育してください。

はじめの3ヶ月が肝心です。

是非、頑張ってください。

同じテーマで記事を探す

この記事を書いたコンサルタント

戸澤 良親

プロフィール詳細

船井総合研究所に新卒社員として入社。
介護ビジネス・不動産業界と様々なコンサルティングチームを経て、
現在の「メディカルチーム」に至る。
歯科医院をはじめに、耳鼻咽喉科・泌尿器科業界の様々な医療経営から培ったコンサルティングノウハウにより、現在、完全現場型コンサルティングを展開している。
北は北海道から南は熊本県まで全国各地の医療機関コンサルティングを手がけている。
特に診療のシステム化による即時業績アップとスタッフの生産性を高めるための教育体制の構築には絶大なる支持を得ている。
「院長先生が治療に専念できるように」をモットーに日々スタッフを交えながら実践している。
理論だけではなく、「患者様の心を読むプロフェショナル」としても定評がある。院長先生の想いをもとに、組織力の活性化から業績向上までのトータルサポートをテーマとしている。

ブログ:戸澤良親の歯科医院コンサル珍道中日記
http://ameblo.jp/yoshichika-tozawa/

ページのトップへ戻る