【歯科】リコール・メンテナンス数を増やすための落とし穴

コラムテーマ:
リコール患者様を増やす

自費率向上についてご興味がある方は下記もご確認下さい。

banner_1200px628px

<船井総研×アプラス共同開発/自費見積もりシミュレーションソフト今なら導入0円!>
http://aplus-mitsumori.com/

 

皆様、こんにちは。

船井総研 メディカルグループの戸澤良親です。

今日から診療スタートする先生方も、まだお盆中の先生方もおられると思いますが、私は今日からコンサルティングスタートです。

ただ今、秋田県にきています。

今から、ご支援がスタートします。

本日お伺いする歯科医院さんの特徴は、なんと言っても、メンテナンス患者が多い!!

いまや、治療から予防へシフトしていこうと考えている歯科医院さんが増えているものの、なかなか増やすことができないのが現状のようです。

それもそのはず、実はリコール率が50%~60%継続していても、メンテナンスの患者数自体は伸びないのです。

これは計算して頂けたらお分かりになります。

リコール率が70%あっても、メンテナンス患者が2倍になるためには時間がかかります。

メンテナンスを本気で増やそうとするためには、80%以上はないと厳しいのです。

今日、お伺いする医院さんは、リコール率90%前後を常に維持できています。

だから、患者数が増え続けているのです。

ですので、治療終了した患者さんをメンテナンスに誘導する取組みとマンネリしないように継続してメンテナンス来院している患者さんの脱落率を減らす取組みを並行して、徹底していかなくてはなりません。

メンテナンスの伸び悩みを感じておられる方は、

まずは、どこに原因があるか探るところから始めましょう。

・治療終了患者の誘導ができていないのか

・継続率が低いのか

大きく分けるとこのどちらかです。

具体的取組み策については、またブログでご紹介する予定です。
本日も御忙しい中、お読みいただいている方、本当にありがとうございます。

心から感謝しています。

 

自費率向上についてご興味がある方は下記もご確認下さい。

banner_1200px628px

<船井総研×アプラス共同開発/自費見積もりシミュレーションソフト今なら導入0円!>
http://aplus-mitsumori.com/

 

同じテーマで記事を探す

この記事を書いたコンサルタント

戸澤 良親

プロフィール詳細

船井総合研究所に新卒社員として入社。
介護ビジネス・不動産業界と様々なコンサルティングチームを経て、
現在の「メディカルチーム」に至る。
歯科医院をはじめに、耳鼻咽喉科・泌尿器科業界の様々な医療経営から培ったコンサルティングノウハウにより、現在、完全現場型コンサルティングを展開している。
北は北海道から南は熊本県まで全国各地の医療機関コンサルティングを手がけている。
特に診療のシステム化による即時業績アップとスタッフの生産性を高めるための教育体制の構築には絶大なる支持を得ている。
「院長先生が治療に専念できるように」をモットーに日々スタッフを交えながら実践している。
理論だけではなく、「患者様の心を読むプロフェショナル」としても定評がある。院長先生の想いをもとに、組織力の活性化から業績向上までのトータルサポートをテーマとしている。

ブログ:戸澤良親の歯科医院コンサル珍道中日記
http://ameblo.jp/yoshichika-tozawa/

ページのトップへ戻る