モスバーガーから学ぶ!

2011年08月03日 (水)

コラムテーマ:
ブログ

みなさん、こんにちは。船井総研 歯科医院経営コンサルタントチームの戸澤良親です。

今日は、大阪のご支援先と、京都で会食でした。

将来的目標の話をしながら、美味しくご馳走していただきました。

戸澤良親の医療コンサル珍道中日記-フレンチ1

戸澤良親の医療コンサル珍道中日記-フレンチ2

そして、昼は、モスバーガーでしたが、

注文カウンターに、下のようなものが掲げていました。

戸澤良親の医療コンサル珍道中日記-モス

このような看板があるだけで、本当に安心感が出ます。

モスバーガーといえば、ファーストフード店の中では、単価が高く、出来上がり時間も長いで有名です。

モスバーガーの一番のライバルは、マクドナルドです。

マイケル・ポーター氏の「3つの基本戦略」にも詳しく書いていますので、是非お読みください。

ライバルではありながら、戦略は正反対。

マクドナルドは商品数を絞り、単価を抑えているのに対し、

モスバーガーは商品数がマクドナルドの約倍であり、単価もその分高いです。

その単価が高い分、いろいろなところで、価値訴求しています。

長く店内にいても居心地がよい空間作り、上写真のような食材の仕入先情報公開による安心感訴求、アレルギー一覧リストの掲示など、いろいろ工夫がみられます。

そして、対応がやはりかなりよいですね!

こうなると、「値段が高く、出来上がりが遅く」となっても、価値でカバーしています。

2番手以降は、1番手と同じことをしていても勝ち目はありません。


180度違う戦略をすることで、差別化が生まれ、消費者に受け入れられます。


皆様も、”こだわり”を持ち続けてください。

応援しています!!

同じテーマで記事を探す

この記事を書いたコンサルタント

戸澤 良親

プロフィール詳細

船井総合研究所に新卒社員として入社。
介護ビジネス・不動産業界と様々なコンサルティングチームを経て、
現在の「メディカルチーム」に至る。
歯科医院をはじめに、耳鼻咽喉科・泌尿器科業界の様々な医療経営から培ったコンサルティングノウハウにより、現在、完全現場型コンサルティングを展開している。
北は北海道から南は熊本県まで全国各地の医療機関コンサルティングを手がけている。
特に診療のシステム化による即時業績アップとスタッフの生産性を高めるための教育体制の構築には絶大なる支持を得ている。
「院長先生が治療に専念できるように」をモットーに日々スタッフを交えながら実践している。
理論だけではなく、「患者様の心を読むプロフェショナル」としても定評がある。院長先生の想いをもとに、組織力の活性化から業績向上までのトータルサポートをテーマとしている。

ブログ:戸澤良親の歯科医院コンサル珍道中日記
http://ameblo.jp/yoshichika-tozawa/

ページのトップへ戻る