レセプト枚数よりも信者患者がどれだけいるか

コラムテーマ:
歯科医院経営の考え方

みなさん、こんにちは。船井総研 歯科医院経営コンサルタントチームの戸澤良親です。

2日間、山形県で、今は、秋田県に向かっています。

昨日の医院さんは、昨年度11月からのお付き合いであるが、

先生、スタッフさんのすばやい行動力によって、明らかに良い雰囲気に変わってきています。

そして、新たな取り組みを色々と取り組んでいます。

(アンケートポスター)
戸澤良親の医療コンサル珍道中日記-アンケートポスター

何よりも、色々な待合室作りのセンスがすばらしい!!

スタッフさんの特徴や長所を伸ばすことが、スタッフマネジメントの原点かもしれません。

さて、本題です。

私は、通ってくれている患者様を三層に分けています。
これは、セミナーで何度もいっていることなので、聞いている人も多いかと思います。

信者患者・・・歯科医院を応援してくれている患者様
友人患者・・・一通り、当院のルールを守ってくれる患者様
知り合い患者・・・通ってはくれているが、当院のルールを守らない患者様(無キャンなど)

ポイントは、「信者患者の比率をどれだけ増やせるか」です。

実際に信者患者さんの割合が多ければ多いほど、医院として発展しています。

歯科の開業医の方の癖もあり、

どうも、レセプト枚数を意識する習慣があるようです。

レセプト枚数だけを意識していたら、いつか、デメリットだらけの医院となり、衰退します。

チェアの増設、ドクター数の増加など、枚数の増加に伴って拡大していけば別ですが。

応援してくれている患者様の割合を5割にしましょう!!

そのために、何ができるかをスタッフさんたちと考えてみてください。

応援しております。

がんばってください。

同じテーマで記事を探す

この記事を書いたコンサルタント

戸澤 良親

プロフィール詳細

船井総合研究所に新卒社員として入社。
介護ビジネス・不動産業界と様々なコンサルティングチームを経て、
現在の「メディカルチーム」に至る。
歯科医院をはじめに、耳鼻咽喉科・泌尿器科業界の様々な医療経営から培ったコンサルティングノウハウにより、現在、完全現場型コンサルティングを展開している。
北は北海道から南は熊本県まで全国各地の医療機関コンサルティングを手がけている。
特に診療のシステム化による即時業績アップとスタッフの生産性を高めるための教育体制の構築には絶大なる支持を得ている。
「院長先生が治療に専念できるように」をモットーに日々スタッフを交えながら実践している。
理論だけではなく、「患者様の心を読むプロフェショナル」としても定評がある。院長先生の想いをもとに、組織力の活性化から業績向上までのトータルサポートをテーマとしている。

ブログ:戸澤良親の歯科医院コンサル珍道中日記
http://ameblo.jp/yoshichika-tozawa/

ページのトップへ戻る