レセプト枚数=ユニット台数×120がコミュニケーション力の分岐点!

2013年09月13日 (金)

コラムテーマ:
歯科医院経営の考え方

みなさん、こんにちは。船井総研 歯科医院経営コンサルティングチームの戸澤良親です。

昨日は福岡県、本日は和歌山県の歯科医院様のご支援です。

よく私は、セミナーで数値の指標をお伝えするときに

レセプト枚数=ユニット台数×120

が理想ということをいいます。

さて、皆さんのところではいかがでしょうか。

ユニット3台であれば360枚

ユニット5台であれば600枚

ですね。

私のクライアント様では、

ユニット台数×120を

上回っているところが4割程度

下回っているところが6割程度

です。

どちらが良い悪いではありません。

診療スタイルによって変わるものですので。

ここで伝えたいことは

コミュニケーションを取れるかどうかがこの指標の分岐点であるということです。

レセプトがユニットあたり200枚を超えてくると、

患者様とのコミュニケーションを取る時間がほとんどありません。

それどころか、スタッフとのコミュニケーションの時間もなかなかとることができません。

このような医院さんの場合は、

・ユニットを増やすか

・コミュニケーションの時間を余分に取るか

しないといけません。

今後、より成長をするためには、

現状維持を心がけることが一番のリスクですので、

変化していくために、話し合いの場が必要です。

反対にユニットあたり100枚を切ってくると

コミュニケーションを取る時間が豊富にあります。

ですので、この時間を使って、

患者様やスタッフさんとコミュニケーションを取っていかなくてはなりません。

100枚を切っているのに、コミュニケーションを取る時間がないという歯科医院さんは

・治療や施術のスピード

・オペレーション面

・アポイントの取り方

などに問題があると思いますので、今一度、課題として挙げられた方が宜しいかと思います。

大切なことは

先生方が目指している歯科医院がどこにあるのか

によって、適正なユニット台数におけるレセプト枚数は違うということです。

ぜひ、一度調べてみてください!

応援しております!

頑張ってください!

同じテーマで記事を探す

この記事を書いたコンサルタント

戸澤 良親

プロフィール詳細

船井総合研究所に新卒社員として入社。
介護ビジネス・不動産業界と様々なコンサルティングチームを経て、
現在の「メディカルチーム」に至る。
歯科医院をはじめに、耳鼻咽喉科・泌尿器科業界の様々な医療経営から培ったコンサルティングノウハウにより、現在、完全現場型コンサルティングを展開している。
北は北海道から南は熊本県まで全国各地の医療機関コンサルティングを手がけている。
特に診療のシステム化による即時業績アップとスタッフの生産性を高めるための教育体制の構築には絶大なる支持を得ている。
「院長先生が治療に専念できるように」をモットーに日々スタッフを交えながら実践している。
理論だけではなく、「患者様の心を読むプロフェショナル」としても定評がある。院長先生の想いをもとに、組織力の活性化から業績向上までのトータルサポートをテーマとしている。

ブログ:戸澤良親の歯科医院コンサル珍道中日記
http://ameblo.jp/yoshichika-tozawa/

ページのトップへ戻る