歯科医院経営における選択と集中

2008年06月16日 (月)

コラムテーマ:
増患ノウハウ

自費率向上についてご興味がある方は下記もご確認下さい。

banner_1200px628px

<船井総研×アプラス共同開発/自費見積もりシミュレーションソフト今なら導入0円!>
http://aplus-mitsumori.com/

 

こんばんは。

株式会社船井総合研究所  歯科医院 経営コンサルタントの松谷直樹 です。

ある医院の様からご相談をいただいた。

20年以上医院をやってきたが、患者数が随分減っている、2007年1月にはにはレセプト枚数が110枚くらいに減ってきたという。

さすがに危機感を感じて、問合せをいただいた。

私はまず、あれこれとよろうとするのではなく、一つのことに集中して取り組みをすることをオススメした。

二つのことをすると力が分散してしまうが、ひとつのことに集中すれば、力が分散しないですむ。

これを船井総研では「一点突破戦略」、と名づけている経営の考え方の一つだ。

具体的にはリコールの徹底である。

単順に考えるならば、治療が終了する患者さんに、確実に来院していただくようにするのが最も効果的だ。

これが出来れば、リコールの間隔が3ヶ月であれば、4ヵ月後からは患者数が増えていく。

具体的な方法についてはこちらをご参考いただきたい。

院長には1年間頑張ってもらった結果、ついに200枚を超えるまでにいたった。

減少傾向だったものが、1年間で、100以上増えた。

これはまさに院長先生の努力と継続だと思う。

患者数を増やす方法は色々とあるが、その全てが、すぐに効果の出るものではないことも多い。

そのあたりを見極めて、優先順位の高いものからあせらず、順に一つづつ取り入れることが大切だと思います。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

経営のご相談ご質問、、コンサルティングの質問等ありましたらmatsutani@funaisoken.co.jp

㈱船井総合研究所 メディカルグループ 松谷直樹あてまでお願いいたします。

 

自費率向上についてご興味がある方は下記もご確認下さい。

banner_1200px628px

<船井総研×アプラス共同開発/自費見積もりシミュレーションソフト今なら導入0円!>
http://aplus-mitsumori.com/

同じテーマで記事を探す

この記事を書いたコンサルタント

松谷 直樹

プロフィール詳細

売上、利益の向上を大切にしながらも、「本当に患者さんに喜んでもらえる歯科医院作り」をコンサルティングの第一の目的に している。 「歯科医院は患者さんに喜んでもらえるためにある」「経営ノウハウは患者さんに喜ばれるような歯科医院作りのために活用するべきだ」という信念を元にコン サルティングを実施。 実現可能な提案と口頭だけでなく提案内容を実際に現場に落とし込み、実行するコンサルティングのスタイルを実行している。

ページのトップへ戻る