人件費バランスの悪い歯科医院が考えるべきこと

2011年10月15日 (土)

コラムテーマ:
歯科医院経営の考え方

みなさん、おはようございます。船井総研 歯科医院経営コンサルタントチームの戸澤良親です。

今日は、福岡県の医療機関様のご支援です。

今日は、おそらく、インフルエンザ対策で患者様が多くきている現状があるので、

オペレーション改善が支援テーマでしょう。

歯科では、オペレーション改善をテーマにしているところは、多くはないですが、

最近、売上と人件費のバランスが悪い医院にはよく出会います。

昨日の熊本県の歯科医院さんもそうでした。

人件費バランスの悪い歯科医院の特徴は明確です。

パートさんを中心(5割以上)に運営している医院です。

パートさん中心ですと、午後夕方以降の時間帯が手薄になったり、土曜日に人が足りなかったりして、結局、また人を入れなくてはならなかったりしてしまいます。

とても悪循環。。。

お知り合いの歯科医院さんは、

午前中だけをパートでまかない、午後は全て正社員にするなど、工夫している医院があります。

これですと、人件費は高くなりませんね。

どちらにしても、

人件費が高いからといって、すぐに辞めさせるわけにはいきませんから、

売上を上げて収益性を高める

もしくは

付加価値を付けて収益性を高める

ことをはじめに考えてください。

受付スタッフに、在庫発注管理をしてもらったり、カウンセリングをしてもらったり、

生産性を高めていかなくてはなりません。

一度、人件費バランスの悪い歯科医院さんは、業務の棚卸しをしてみてください。

必ず、業務の無駄があるはずです。

頑張ってください!!

応援しております!!

同じテーマで記事を探す

この記事を書いたコンサルタント

戸澤 良親

プロフィール詳細

船井総合研究所に新卒社員として入社。
介護ビジネス・不動産業界と様々なコンサルティングチームを経て、
現在の「メディカルチーム」に至る。
歯科医院をはじめに、耳鼻咽喉科・泌尿器科業界の様々な医療経営から培ったコンサルティングノウハウにより、現在、完全現場型コンサルティングを展開している。
北は北海道から南は熊本県まで全国各地の医療機関コンサルティングを手がけている。
特に診療のシステム化による即時業績アップとスタッフの生産性を高めるための教育体制の構築には絶大なる支持を得ている。
「院長先生が治療に専念できるように」をモットーに日々スタッフを交えながら実践している。
理論だけではなく、「患者様の心を読むプロフェショナル」としても定評がある。院長先生の想いをもとに、組織力の活性化から業績向上までのトータルサポートをテーマとしている。

ブログ:戸澤良親の歯科医院コンサル珍道中日記
http://ameblo.jp/yoshichika-tozawa/

ページのトップへ戻る