仕事のお願いの仕方でスタッフさんの仕事のクオリティが変わる

船井総合研究所  歯科経営コンサルタントの松谷直樹 です。


ある院長からこのような質問をいただきました。


「それほど難しい仕事だと思わなかったので、お願いしたところ、なかなかできなかったり、細かくどのようにしたらよいのか指示を仰がれたりした。

こちらが言わなくても伝わる、わかるニュアンスのようなものが伝わらない。どうしたらよいか。」


スタッフさんは決して自分で考えることができない、やり方がわからないわけではありません。


ポイントは自分が行ったことが院長の考えと違っていた場合、叱られる可能性がある、間違ってしまって何か医院に損失をこうむる可能性がある、といったことを避けたいと考えます。


そうすると自分が考えたことを事前に院長に確認し、了承を得たいという力が働くのです。


アバウトな指示の出し方は最も上手く行かないパターンです。


反対に具体的な指示であればあるほど力を発揮してくれます。


しかし、一から十まで指示を出すことは難しいでしょう。

ですから、まず最初に本人に案や、やり方を考えさせ、持ってきてもらうようにしましょう。


そしてその内容に問題が無ければ了承しましょう。


あなたの考えたことは正しい、という院長のお墨付き、を与えるのです。


スタッフさんは決まったこと、具体的な仕事をきっちりとやるきることは得意な分野です。


きっときちんとやり遂げてくれるでしょう。

同じテーマで記事を探す

この記事を書いたコンサルタント

松谷 直樹

プロフィール詳細

売上、利益の向上を大切にしながらも、「本当に患者さんに喜んでもらえる歯科医院作り」をコンサルティングの第一の目的に している。 「歯科医院は患者さんに喜んでもらえるためにある」「経営ノウハウは患者さんに喜ばれるような歯科医院作りのために活用するべきだ」という信念を元にコン サルティングを実施。 実現可能な提案と口頭だけでなく提案内容を実際に現場に落とし込み、実行するコンサルティングのスタイルを実行している。

ページのトップへ戻る