保険診療で経営を成り立たせる方法

コラムテーマ:
歯科医院経営

こんにちは。 船井総合研究所  歯科 経営コンサルタントの松谷直樹 です。

一泊二日の九州出張から帰ってきました。

現代の歯科医院経営においては自費診療を増やし、

経営を安定化させることが当たり前とされているが果たしてそうでしょうか。

私の知る限り、保険診療100%でも経営を充分に成り立たせることが

できると思いますし、そのような医院様も存在しています。

保険のみで経営を成立させるためには、


各種の経費の比率を一定の枠内に抑えることで可能となります。

私はどちらかというと自費診療を組み合わせ、増やしていった方が

患者のニーズに応えられると考えているのですが、

保険診療のみでも医院コンセプトがそうであれば、構わないと考えるというスタンスです。

最も重要なのは、院長の考え方であり、コンセプトです。

自分の医院をどうしたいのか。

どのような点が患者にとって貢献できるポイントなのか。

経営のために、と考えるのではなく、どういう医院にしたいのかを考えることが

永続的に成長する医院のポイントなのです。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

ブログ内容へのご質問、歯科医院コンサルティングの質問等は下記アドレスまでお願いいたします。

matsutani@funaisoken.co.jp

同じテーマで記事を探す

この記事を書いたコンサルタント

松谷 直樹

プロフィール詳細

売上、利益の向上を大切にしながらも、「本当に患者さんに喜んでもらえる歯科医院作り」をコンサルティングの第一の目的に している。 「歯科医院は患者さんに喜んでもらえるためにある」「経営ノウハウは患者さんに喜ばれるような歯科医院作りのために活用するべきだ」という信念を元にコン サルティングを実施。 実現可能な提案と口頭だけでなく提案内容を実際に現場に落とし込み、実行するコンサルティングのスタイルを実行している。

ページのトップへ戻る