信者患者を増やす

コラムテーマ:
ブログ

皆さん、こんにちは。

船井総研 メディカルグループ 医療コンサルタントの戸澤良親です。

本日は、和歌山県の歯科医院さんに訪問します。

我々は、患者の質を3つに分類わけします。

当院のルールを守れない患者⇒知り合い患者

最低限度のルールは守れる一般患者⇒友人患者

優良患者⇒信者患者

です。

「儲」=「信」+「者」です。

つまり、信者患者を増やせば、増やすほど、「儲け」に結果としてつながっていくわけです。

儲け先行型の思考では、絶対に儲けることはできません。

この3分類の比率を変えられるかどうかが勝負です。

一般的によくいわれるのは、2:6:2の法則がありますので、

知り合い患者:友人患者:信者患者=2:6:2となりますが、

流行っている医院をみると、多くの医院が

知り合い患者:友人患者:信者患者=1:4:5のように、

信者患者の割合が多場合が多いです。

逆にコンセプトもなく、ただ単に、ホームページなどから患者さんを集めているような医院は、

知り合い患者:友人患者:信者患者=3:6:1のように、

質の高い患者が比較的少ない気がします。

この比率を単純に調べるためには、

「新患の来院経路で紹介比率が高いかどうか」

で信者患者の数がでます。

反対に、知り合い患者の割合を調べるためには、

「キャンセル率の比率が高いか低いか」で把握することができます。

私のコンサルティングテーマの一つとして、

先生方にストレスなく経営を楽しんでもらう

ことです。

みんなが幸せになる医院を創り上げるためには、

「信者患者」をより多く持つことです。

頑張ってください。

本日もお読みいただき、ありがとうございました。

心から感謝しております。

■□■□■お知らせ情報□■□■□■

●第3回泌尿器科医院経営活性化セミナー

~歯科医院のコンサルティングノウハウをある泌尿器科医院でやったら大成功!!~

日時:2010年10月31日(日)13:00~17:00

開催会場:船井総合研究所大阪本社にて

詳細内容

□経営状況を1枚のシートで管理できる把握シート

□患者さんがアクションを起こすホームページの作り方

□待合室を有効的な空間にするためには

□待ち時間が長くても不満にならないようにするためには

□患者が納得する・満足する・そして診療時間が短縮する魔法のカード「治療カード」を紹介

□看護師の生産性を高めるためには

□ミーティング価値の高め方

・・・などなどノウハウ多数大公開!!


●リコール率70%を目指す1日研修in東京
~大好評のリコール1日研修、ついに東京で開催決定!!~

日時:12月5日(日)
開催場所:船井総研東京本社

●出張研修承ります!
□メンテナンス患者を増やしたい方のためのリコール率アップ出張研修
□デンタルIQを高めていきたい医院向けの新患カウンセリング導入出張研修
□自費率を上げていきたい医院向けの補綴コンサルティング出張研修
と3企画ご用意しています。

●面接代行+半日支援
スタッフ面接の機会がありましたら、是非依頼を!

院長先生と一緒に面接に私が立会います。

また、その日を使って、面接力強化体制を作り上げていきます。

《《お問合せ・メールでのお申込みは、こちらから》》

(メールでは、医院名、お名前、ご用件を御記入ください)
yoshichika-tozawa@funaisoken.co.jp
担当:戸澤良親

同じテーマで記事を探す

この記事を書いたコンサルタント

戸澤 良親

プロフィール詳細

船井総合研究所に新卒社員として入社。
介護ビジネス・不動産業界と様々なコンサルティングチームを経て、
現在の「メディカルチーム」に至る。
歯科医院をはじめに、耳鼻咽喉科・泌尿器科業界の様々な医療経営から培ったコンサルティングノウハウにより、現在、完全現場型コンサルティングを展開している。
北は北海道から南は熊本県まで全国各地の医療機関コンサルティングを手がけている。
特に診療のシステム化による即時業績アップとスタッフの生産性を高めるための教育体制の構築には絶大なる支持を得ている。
「院長先生が治療に専念できるように」をモットーに日々スタッフを交えながら実践している。
理論だけではなく、「患者様の心を読むプロフェショナル」としても定評がある。院長先生の想いをもとに、組織力の活性化から業績向上までのトータルサポートをテーマとしている。

ブログ:戸澤良親の歯科医院コンサル珍道中日記
http://ameblo.jp/yoshichika-tozawa/

ページのトップへ戻る