”働きがい”ある職場は、幸せがやってくるその4/7

2011年08月24日 (水)

コラムテーマ:
働きがい特集

みなさん、こんにちは。船井総研 歯科医院経営コンサルタントチームの戸澤良親です。

今日は東京で仕事でした。

さて、”働きがい”ある職場が幸せである理由、その4です。

幸せその4


やる気あるスタッフに給料をたくさん与え、トータルとして人件費を下げることができる

ここまで、幸せその1~その3まで、ご紹介してきました。


”働きがい”のある職場は、ドクター、歯科衛生士、歯科助手、受付とどの職種でも

医院に携わっている人、全てが生産性高く、仕事に励むことを実現させてくれるのです。


昨日、お伺いしていた歯科医院さんでも、お伝えをしているのですが、

何か新しいことをはじめようとすると、

・時間がない

・人手が足りない

だから、人を新たに入れなくては・・・

といった発想になるわけですが、


”働きがい”の発想は、

1人あたりの生産性を究極に高め、なるべく少人数で、運営していくことが目的です。


結果、究極に生産性の高いスタッフには、たくさんの給料が与えられ、

スタッフは満足し、より働くようになる


これが好循環なスタイルです。


スタッフ自身には、

「給料をもらう」という受身の発想から

「給料を自分で稼ぐ」という能動的な発想に切り替えさせなくてはなりません。


そのための評価や昇給システムを構築した上での話ですが。


少しずつ、考え方が伝わってきたのではないかと思います。


頑張ってください!!


応援しております!!


同じテーマで記事を探す

この記事を書いたコンサルタント

戸澤 良親

プロフィール詳細

船井総合研究所に新卒社員として入社。
介護ビジネス・不動産業界と様々なコンサルティングチームを経て、
現在の「メディカルチーム」に至る。
歯科医院をはじめに、耳鼻咽喉科・泌尿器科業界の様々な医療経営から培ったコンサルティングノウハウにより、現在、完全現場型コンサルティングを展開している。
北は北海道から南は熊本県まで全国各地の医療機関コンサルティングを手がけている。
特に診療のシステム化による即時業績アップとスタッフの生産性を高めるための教育体制の構築には絶大なる支持を得ている。
「院長先生が治療に専念できるように」をモットーに日々スタッフを交えながら実践している。
理論だけではなく、「患者様の心を読むプロフェショナル」としても定評がある。院長先生の想いをもとに、組織力の活性化から業績向上までのトータルサポートをテーマとしている。

ブログ:戸澤良親の歯科医院コンサル珍道中日記
http://ameblo.jp/yoshichika-tozawa/

ページのトップへ戻る