”働きがい”ある職場は、幸せがやってくるその7/7

2011年08月30日 (火)

コラムテーマ:
働きがい特集

みなさん、こんにちは。船井総研 歯科医院経営コンサルタントチームの戸澤良親です。

今日も東北の歯科医院にご訪問しています。

7月単月で、昨年対比178%アップと、好調な歯科医院さんです。

8月単月も、昨年対比159%アップで着地しそうです。

素晴らしい。。。

さて、”働きがい”ある職場が幸せである理由、その7です。


働きがい特集、ついに最終となりました。

幸せその7


持続的に発展する歯科医院を創りあげることができる



私は、歯科医院コンサルタントとして、一時的な成長を望みません。


最も重要なことは、微増でもよいので、持続的に発展・躍進し続けられる歯科医院を創りあげることです。


患者様にも、来院していただいている以上、廃業することなく、安心・安全な診療をし続けなくてはなりません。


スタッフさんを雇っている以上、責任を持って、面倒を見続けていかなくてはなりません。


後継者がいる方は、後継者につなぐための安定した経営体質を築く必要があります。


そして、院長先生ご自身が、自分の人生を”幸せ”と常に感じる必要があります。


つまり、

”働きがい”とは、

院長先生、スタッフさん、患者様と

全ての方にとって、”幸せ”に導くための大きなテーマなのです。


”働きがい”のある職場を実現させるためには、

「覚悟を決める」ことが大切です。


是非、この特集をお読み頂きました熱心の方々にとっては、

働きがい日本一の歯科医院を目指す幸せ組織経営DVD&セミナーは、価値あるものになるかと思います。



是非、ご参加くださいませ。


応援しております!!












同じテーマで記事を探す

この記事を書いたコンサルタント

戸澤 良親

プロフィール詳細

船井総合研究所に新卒社員として入社。
介護ビジネス・不動産業界と様々なコンサルティングチームを経て、
現在の「メディカルチーム」に至る。
歯科医院をはじめに、耳鼻咽喉科・泌尿器科業界の様々な医療経営から培ったコンサルティングノウハウにより、現在、完全現場型コンサルティングを展開している。
北は北海道から南は熊本県まで全国各地の医療機関コンサルティングを手がけている。
特に診療のシステム化による即時業績アップとスタッフの生産性を高めるための教育体制の構築には絶大なる支持を得ている。
「院長先生が治療に専念できるように」をモットーに日々スタッフを交えながら実践している。
理論だけではなく、「患者様の心を読むプロフェショナル」としても定評がある。院長先生の想いをもとに、組織力の活性化から業績向上までのトータルサポートをテーマとしている。

ブログ:戸澤良親の歯科医院コンサル珍道中日記
http://ameblo.jp/yoshichika-tozawa/

ページのトップへ戻る