優先順位が明確な院長

コラムテーマ:
歯科医院経営

こんにちは。 船井総合研究所  歯科 経営コンサルタントの松谷直樹 です。

好調な医院、院長の特徴として、自分の医院のやるべきこと、

何をするべきか、ということが明確なことが多いと感じます。

お話をしていて、「今の医院の課題は何ですか?」とお聞きしますと、

「はい、自費カウンセリングです。」

「はい、リコール対策を整えることです。」

「衛生士を採用することです。」

といったような回答を即座にされる方は、医院も好調のことが多いです。

おそらく常に頭の中に「何をすべきか」という「優先順位」が明確だからだと思います。

同じテーマで記事を探す

この記事を書いたコンサルタント

松谷 直樹

プロフィール詳細

売上、利益の向上を大切にしながらも、「本当に患者さんに喜んでもらえる歯科医院作り」をコンサルティングの第一の目的に している。 「歯科医院は患者さんに喜んでもらえるためにある」「経営ノウハウは患者さんに喜ばれるような歯科医院作りのために活用するべきだ」という信念を元にコン サルティングを実施。 実現可能な提案と口頭だけでなく提案内容を実際に現場に落とし込み、実行するコンサルティングのスタイルを実行している。

ページのトップへ戻る