勤務条件を明確にしていますか

コラムテーマ:
歯科医院経営

こんにちは。 船井総合研究所  歯科 経営コンサルタントの松谷直樹 です。

先日10月17日に福岡で行っている歯科医院業績アップ実践クラブ

という勉強会の例会を行いました。

ゲスト講師といたしまして、松田修社会保険労務士事務所松田修 先生に

お越しいただき、労務問題の勉強をいたしました。

松田先生は歯科クリニックばかりでなく、医科のクリニックの顧問先もお持ちで、

歯科業界の採用環境、雇用環境もご存知の上で、

「よい人材を採用しようと思えば、産休育休なども取得できるような

環境を整えていくことが今後は必須の時代になるでしょう」ということでした。

私も同感です。

時代の流れとともにあいまいな労働環境では、

よい人材を雇用することも、し続けることも難しいと最近感じ始めています。

また基本的な労働条件が整っていない中で、

スタッフにモチベーションの向上を求め、

セミナーに行かせたりしても効果は半減するという感覚も持っています。

そもそも働く人の幸せになるかどうか、ということです。

私たちが求めるような優秀な人材を採用しようと思えば

私たちができる範囲での労働条件の明確化が最低限の条件に

なりつつあるように感じています。

(但し、労働条件を明確にすれば即求める人材が雇用できるかどうかは

また別問題ですので、その点もご承知いただきたいとは思います・・・。)

次回の日程は2011年1月16日(日)に博多で行いますので、お問い合わせ下さい。

初回のみ無料で参加可能です。

http://www.funaisoken.co.jp/site/study/mfts_1244803755_2.html

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

ブログ内容へのご質問、歯科医院コンサルティングの質問等は下記アドレスまでお願いいたします。

matsutani@funaisoken.co.jp

同じテーマで記事を探す

この記事を書いたコンサルタント

松谷 直樹

プロフィール詳細

売上、利益の向上を大切にしながらも、「本当に患者さんに喜んでもらえる歯科医院作り」をコンサルティングの第一の目的に している。 「歯科医院は患者さんに喜んでもらえるためにある」「経営ノウハウは患者さんに喜ばれるような歯科医院作りのために活用するべきだ」という信念を元にコン サルティングを実施。 実現可能な提案と口頭だけでなく提案内容を実際に現場に落とし込み、実行するコンサルティングのスタイルを実行している。

ページのトップへ戻る