医院の方向性と仕事のやりがいの一致

2010年07月19日 (月)

コラムテーマ:
スタッフ採用・育成ノウハウ

こんにちは。 船井総合研究所  歯科 経営コンサルタントの松谷直樹 です。

スタッフのモチベーションの源泉は「給料」と「仕事のやりがい」

だということを以前に書きましたが、給与制度や、労務条件を向上させたとしても

モチベーションが向上するわけではないということを何度も経験してきました。

まず、医院の考えに共感できるか、もっというと院長に共感できるか、

ということが大前提となるようです。

そして、その医院の考えに自分のやりがいを見出せることができれば、

仮に給与や条件が決して相対的に高くなくても一生懸命働くスタッフを数多く

見てきました。

まず、その第一歩として院長自身が医院の考えに心から共感できるか

取り組めるか、ということが大切だと感じます。

同じテーマで記事を探す

この記事を書いたコンサルタント

松谷 直樹

プロフィール詳細

売上、利益の向上を大切にしながらも、「本当に患者さんに喜んでもらえる歯科医院作り」をコンサルティングの第一の目的に している。 「歯科医院は患者さんに喜んでもらえるためにある」「経営ノウハウは患者さんに喜ばれるような歯科医院作りのために活用するべきだ」という信念を元にコン サルティングを実施。 実現可能な提案と口頭だけでなく提案内容を実際に現場に落とし込み、実行するコンサルティングのスタイルを実行している。

ページのトップへ戻る