歯科医院リニューアルで考えるべきこととは…?

コラムテーマ:
優れた院長の思考

自費率向上についてご興味がある方は下記もご確認下さい。

banner_1200px628px

<船井総研×アプラス共同開発/自費見積もりシミュレーションソフト今なら導入0円!>
http://aplus-mitsumori.com/

 

こんにちは。 船井総合研究所  歯科 経営コンサルタントの松谷直樹 です。

昨年の末よりある医院さんで、医院のリニューアルの打ち合わせをしています。

開業後15年程度が経過し、不具合の出てきた設備や待合室を患者のニーズに合わせるために、内装やレイアウトの見直しを進めています。

毎月一度づつ、院長と事務長と3名で打ち合わせをしていますが、毎回鋭いアイデアが互いに出てきてディスカッションが非常に有益です。

おそらく、1人で考えていれば思いもよらなかったようなアイデアがいくつも出てきます。

20坪程度の医院ですが、

・患者の視点から考えるとどのようなレイアウトが快適に過ごせるのか

・実際に働くメンバーにとって動きやすいオペレーションを考えるとどうすべきなのか

・今のデッドスペースになっている部分はどうすれば活きるのか

・チェアのパーテーションを圧迫感のないように設置するには

こういった視点から考え、あらゆる見直しをしました。

レイアウトの見直しは10回以上かかりましたが、設計士の方にも多大な協力を得て、ようやく皆が納得できるベストな案に落ち着いたように思います。

施工はGWに行いますので、リニューアル後が非常に楽しみです。

 

自費率向上についてご興味がある方は下記もご確認下さい。

banner_1200px628px

<船井総研×アプラス共同開発/自費見積もりシミュレーションソフト今なら導入0円!>
http://aplus-mitsumori.com/

同じテーマで記事を探す

この記事を書いたコンサルタント

松谷 直樹

プロフィール詳細

売上、利益の向上を大切にしながらも、「本当に患者さんに喜んでもらえる歯科医院作り」をコンサルティングの第一の目的に している。 「歯科医院は患者さんに喜んでもらえるためにある」「経営ノウハウは患者さんに喜ばれるような歯科医院作りのために活用するべきだ」という信念を元にコン サルティングを実施。 実現可能な提案と口頭だけでなく提案内容を実際に現場に落とし込み、実行するコンサルティングのスタイルを実行している。

ページのトップへ戻る