【歯科】受付業務のスキルアップを図るには?

2010年07月30日 (金)

コラムテーマ:
スタッフ採用・育成ノウハウ

自費率向上についてご興味がある方は下記もご確認下さい。

banner_1200px628px

<船井総研×アプラス共同開発/自費見積もりシミュレーションソフト今なら導入0円!>
http://aplus-mitsumori.com/

 

こんにちは。 船井総合研究所  歯科 経営コンサルタントの松谷直樹 です。

しばしば、「受付の業務が遅いんで、もっと効率的に仕事をしなさい、というんですが

一向にレベルアップしないんです。どうしたらよいでしょうか。」

といったような相談を頂くことがあります。

「やっぱり能力の問題なんでしょうか・・・」といわれる方もいらっしゃいます。

多少は関係あるかもしれませんが、私はそのように思っていません。

指導の仕方、教え方の問題、だと考えています。

もし、本当に受付業務のレベルアップを図るのであれば、

院長が、一日中、受付の横にいて仕事内容を見ながら、

効率的に仕事ができると気づいた点をその場で

指摘してあげるということです。

例えば、お釣りの返し方なども、トレイを手元に置いた状態で領収証と

硬貨をそろえてから、

トレイごと持ち上げて患者さんの手元に出すと手をレジとの間で

あまり動かさずに作業ができたりします。

細かな話ですが、より効率的に業務を行う方法は山ほどあるでしょう。

しかし、このレベルアップを個人任せにすると難しくなります

どうすれば仕事が早くなるのか、上達するのか、

一緒に考え、具体的に教えてあげないといけないと思います。

一緒に見てあげるのが院長は難しい、ということでしたら、

衛生士やベテランスタッフの方でもよいでしょう。

少なくとも何点もの改善点が出てくるはずです。

 

自費率向上についてご興味がある方は下記もご確認下さい。

banner_1200px628px

<船井総研×アプラス共同開発/自費見積もりシミュレーションソフト今なら導入0円!>
http://aplus-mitsumori.com/

同じテーマで記事を探す

この記事を書いたコンサルタント

松谷 直樹

プロフィール詳細

売上、利益の向上を大切にしながらも、「本当に患者さんに喜んでもらえる歯科医院作り」をコンサルティングの第一の目的に している。 「歯科医院は患者さんに喜んでもらえるためにある」「経営ノウハウは患者さんに喜ばれるような歯科医院作りのために活用するべきだ」という信念を元にコン サルティングを実施。 実現可能な提案と口頭だけでなく提案内容を実際に現場に落とし込み、実行するコンサルティングのスタイルを実行している。

ページのトップへ戻る