【歯科】口コミを発生させるポイント

2010年06月29日 (火)

コラムテーマ:
増患ノウハウ

自費率向上についてご興味がある方は下記もご確認下さい。

banner_1200px628px

<船井総研×アプラス共同開発/自費見積もりシミュレーションソフト今なら導入0円!>
http://aplus-mitsumori.com/

 

こんにちは。 船井総合研究所  歯科 経営コンサルタントの松谷直樹 です。

口コミに力を入れたいとある先生からご相談をいただきました。
口コミが発生するのは実際の来院時の印象が来院前の事前期待を

上回ったときに始めて発生すると言えます。

これが大前提です。

患者満足がなければよい口コミは発生しないでしょう。
しかしこれだけでは口コミには至らないと思います。
歯科という比較的話題になりづらいテーマですから、

よほど相手との会話の中で話題にならないと出てこないのです。。
その時に必要なのは2点ポイントがあります。

1つは話題になった時にすぐに出せるような何らかの媒体があること。

例えば、医院紹介カードや医院新聞、昨日テーマに上げた小冊子などです。

こういったものがあれば、可能性が高まります。

もう1つは、医院側が口コミを広げやすいようなコミュニティを作ったり、

コミュニティの中で口コミが広がるようなイベント性のある取組みを行うことです。

具体的には、小児の予防の会員組織や年配層を対象とした取組み

など様々な可能性が考えられるでしょう。

 

自費率向上についてご興味がある方は下記もご確認下さい。

banner_1200px628px

<船井総研×アプラス共同開発/自費見積もりシミュレーションソフト今なら導入0円!>
http://aplus-mitsumori.com/

同じテーマで記事を探す

この記事を書いたコンサルタント

松谷 直樹

プロフィール詳細

売上、利益の向上を大切にしながらも、「本当に患者さんに喜んでもらえる歯科医院作り」をコンサルティングの第一の目的に している。 「歯科医院は患者さんに喜んでもらえるためにある」「経営ノウハウは患者さんに喜ばれるような歯科医院作りのために活用するべきだ」という信念を元にコン サルティングを実施。 実現可能な提案と口頭だけでなく提案内容を実際に現場に落とし込み、実行するコンサルティングのスタイルを実行している。

ページのトップへ戻る