器を広げるためのアポイント改善

2014年02月09日 (日)

コラムテーマ:
患者様を増やす

みなさん、こんにちは。船井総研 歯科医院経営コンサルティングチームの戸澤良親です。

昨日は、大阪の歯科医院様、本日は、和歌山の歯科医院様のご支援です。

最近、私のご支援先でのマーケティングでは

増患よりも自費率アップよりも

「患者様をより診ることができるようにするための器の拡大」

が多くなってきました。

器の拡大・・・つまりアポイントの改善ですね。

昨日の医院さんでは、自費診療希望の患者様のアポイントが

1ヶ月先になっている状態であり、

新患も、50名問い合わせがきて、6割程度しか受け入れることができていない状態です。

このような場合、

アポイント改善をしていかないと、機会損失を起こします。

人が足りないのか

ユニットが足りないのか

時間が足りないのか

にも改善策は全く異なってしまいますが、

「もうこれ以上まわせない」とあきらめるのではなく

「どうしたらもっと患者数を診ることができるだろう」と

頭を使うことが大切です。

昨日の医院でも

・ドクター業務を歯科衛生士に少しずつ移管していくこと

・アポイントを30分アポイントではなく、15分アポイントで刻んで取るようにすること

・カウンセリングルームの有効活用

など、器の拡大に向けて、これからさまざまな工夫をしていきます。

この器の拡大に成功すれば、一気に医院が成長するチャンスが作れます。

皆さんも、創意工夫してみてください!!

応援しております!!

同じテーマで記事を探す

この記事を書いたコンサルタント

戸澤 良親

プロフィール詳細

船井総合研究所に新卒社員として入社。
介護ビジネス・不動産業界と様々なコンサルティングチームを経て、
現在の「メディカルチーム」に至る。
歯科医院をはじめに、耳鼻咽喉科・泌尿器科業界の様々な医療経営から培ったコンサルティングノウハウにより、現在、完全現場型コンサルティングを展開している。
北は北海道から南は熊本県まで全国各地の医療機関コンサルティングを手がけている。
特に診療のシステム化による即時業績アップとスタッフの生産性を高めるための教育体制の構築には絶大なる支持を得ている。
「院長先生が治療に専念できるように」をモットーに日々スタッフを交えながら実践している。
理論だけではなく、「患者様の心を読むプロフェショナル」としても定評がある。院長先生の想いをもとに、組織力の活性化から業績向上までのトータルサポートをテーマとしている。

ブログ:戸澤良親の歯科医院コンサル珍道中日記
http://ameblo.jp/yoshichika-tozawa/

ページのトップへ戻る