圧倒的一番がファンを生む

みなさん、こんにちは。船井総研 歯科医院経営コンサルタントチームの戸澤良親です。

本日は、和歌山のご支援先と、社内支援です。

昨日は、福岡のご支援先で、早めの忘年会に参加してきました。

福岡のご支援先は私が最も古くからお付き合いしている医院さんで、伸び続けております。

そして、嬉しいことが最近ありました。

別の福岡の先生から、

「戸澤さん、●●クリニック、知っています?」

私はクライアント先の名前が出てきて、驚きましたが、

「いえ、知りませんが、何でですか??」

と返答したら

「あそこは、このあたりでも評判な病院だよ。

接遇がすごくて、色々な取り組みもしているから、一回調査いってみれば・・・」

とお答えされました。

嬉しかったですね。

確かに、この医療機関さんでは、

接遇一番!!

をテーマに診療されています。

この医院側の目指すテーマと消費者側からの印象がばちんと合致した瞬間に、ファンが出来るのでしょう。

ここの医院さんのクレドにも、

「ファン作り」というキーワードがあります。

患者満足度とかファン作りとか口コミアップなどは、正直即効性はなく、結果が見えづらいですが、

地道な努力の積み重ねが、結果を生むわけですね。

皆様も、圧倒的な一番テーマや商品メニューを決め、そのテーマ促進に向けて、命がけで進んでいってください。

必ず、その先には、明るい結果が待っているはずです。

頑張ってください。

応援しております!!

同じテーマで記事を探す

この記事を書いたコンサルタント

戸澤 良親

プロフィール詳細

船井総合研究所に新卒社員として入社。
介護ビジネス・不動産業界と様々なコンサルティングチームを経て、
現在の「メディカルチーム」に至る。
歯科医院をはじめに、耳鼻咽喉科・泌尿器科業界の様々な医療経営から培ったコンサルティングノウハウにより、現在、完全現場型コンサルティングを展開している。
北は北海道から南は熊本県まで全国各地の医療機関コンサルティングを手がけている。
特に診療のシステム化による即時業績アップとスタッフの生産性を高めるための教育体制の構築には絶大なる支持を得ている。
「院長先生が治療に専念できるように」をモットーに日々スタッフを交えながら実践している。
理論だけではなく、「患者様の心を読むプロフェショナル」としても定評がある。院長先生の想いをもとに、組織力の活性化から業績向上までのトータルサポートをテーマとしている。

ブログ:戸澤良親の歯科医院コンサル珍道中日記
http://ameblo.jp/yoshichika-tozawa/

ページのトップへ戻る